Status Sharing Policy (Twitter的なツールなどにおける考え方)

ずっとまとめておこうと思いつつ半年以上経ったのですが、フォローが777人になったので、書ける範囲で書いてみようと思います。
Remember The Milk というGTD的タスク管理ツールでやるべきことを管理しようとしてるのですが、タスクとして入れてから半年以上経ってしまってました・・・。)
思いつきの発端は、この人がどのように Twitter (的なツール)を使ってるか、ということが解ればいいなぁということ。なので、ここのパーマリンクを Twitter のプロファイルとか、Google Buzz のプロフィールのところとかに貼りつけようと思っているわけです。


Statusの考え方

ブログやmixiみたいに、書こうと思って書く(頭の中で推敲する時間も含めて)ものというのは、結構時間かかりますよね。めちゃんこタイピング速い人でも、やっぱり5分10分かかるわけで、そういう類のものと比べると、比較的お手軽にできること、これを「Status Sharing」と定義します。(わたくし的な比較的自由な定義)
というわけで、こころの声をぼそっとつぶやく(Tweet)するのも、何かおやっとくる記事やブログをブックマークして共有するのも、5分かからない何か「共有すること」のことはすべて「Status Sharing」ということとして考えます。

例えば、世の中では、Twitterが流行っているので140文字の文字情報、にばかり目を向けがちですが、わたしの感じ方では以下のようなのも同じです。(思いつくままなので、他にもいろいろあります)

  • ソーシャルブックマークでの共有(はてなブックマーク、Google ReaderでのShare、Bit.lyなど短縮URLサービス)
  • 写真の共有(BrightKite、はてなハイク、携帯百景、フォト蔵、Flickr、Picasa)
  • 動画の共有(YoutubeでUploadした動画、もしくはFavoriteした動画)


共有ってなんだ?(何を共有するの?)

ここで、共有することについて、考えてみます。
これは伝えたい、と想うことって「良い事」「気に入ったこと」が多いことは事実だけれど、それだけじゃなく、「辛いことだけど知って欲しい、知ることによって得ることがあると思う」というようなことも含まれるわけです。(人によっては「これはひどい」を好んで伝播させるひともいますね。)一昔前は、著作権がどうのこうの、と結構シビアな空気感だったため、そういう気になり、かつ周りに知って欲しいことについて、コピー&ペーストくらいしか共有する術がありませんでした。そういえば前職では4年くらい前、気になったインターネット記事はコピペして職場の友達や先輩たちに送ってたような気がします。(共有ぐせみたいなものがあったのかも)
ちょっと話それましたが、伝えたいと想うこと(想われるコンテンツ:写真、動画、文章問わず)は、コンテンツの作成者だけでなく、伝道師的な、伝播していく媒体となる存在が必要なのです。 というのがわたしの持論。


じゃあ誰に共有するの?

さっき書いたように、元は友達とか会社のメンバーとかに、こんな記事ありましたよー的なことを共有する、みたいなことからスタートな気がします。だから初めは伝えたい、共有した人は特定の人達でした。それで、ある程度時間がたって、ちょっと所謂「Web2.0」的ツールを使ってみたら、フォローとかフォロワーとかいう概念がそれなりに頭に浸透して、「あの人」に向けて共有する何か、という概念がまた頭の中に生まれてきたような気がします。こればっかりは色々試してみないと感覚つかめないでしょうね。
この手のツールを使い出して、フォローとかフォロワーとかいう感覚を得てから2年半くらい経ちますが、面白いなーと思うのは、 名前も顔もしらない、「あの人」の趣向がなんとなくわかるし、そういう人を念頭において何かしらを共有している自分がたまにいるなー、ということでしょう。多分、30年近く生きてきて、今まで使われなかった脳の領域が、最近ウェブを使ってると活性化してるときがあるんじゃないかなーなんて思います。
「共有される側」としての感覚もだんだんそういう中にいると変わってきていて、昔ならこういう情報には出会わなかっただろうな〜、というジャンルの何か、に出会うことが多々あります。それは人と人の出会いみたいなもんで、情報(というのかコンテンツというのか)にも不思議な縁のようなものを感じることが多々あるのです。これは、ソーシャル(要するに人を介在した)な仕組みであればこそ、意識の片隅に引っかかるものが増えてくるのではないかと思います。


どうやって共有してるの?

ここからは、ポリシーというよりツールのHow toな感じなので、ちょいちょい更新してかなきゃなところですが、今の時点で自分が共有するときに使っているツールと内容をまずは列挙(なるたけ解説とともに)

  • Twitterによる純粋なツイート
    あいさつから、何でもないようなぼそっとまで。
    朝のあいさつは、習慣化して朝起きて家出たときくらいまでにするようにしてます。
    会社から帰るときもあいさつの習慣化を実験中。こちらは BrightKite 経由で Twitter に流してます。
  • ソーシャルブックマークによる記事共有のツイート
    会社も自宅もBit.ly (j.mp) のブックマークレットをブラウザに入れていて、気になるページを Twitter に流しています。
    ついでにはてなブックマークにも登録するときは、URL の前あたりに B! を入れると自動的にしてくれるように設定してます。
    また、Google Reader を普段 RSSリーダーとして使っていて、共有したい記事は「共有ボタン」を押して、Twitter に流しています。
  • 写真のツイート
    写真をケータイからメールでアップすると、連携して Twitter に流れてきます。
    今のところ携帯百景BrightKite、Evernote(これは保存用)、Quickr にマルチポストしてます。
    携帯を変えてからは、画質が悪いのであんまり携帯写真はアップしていませんけども。
    また、Flickr にアップロードすると、Twitter に流れるようにも設定しています。
  • Logpiによる育児系ツイート
    後でまとめて見られるように、育児のつぶやきは Logpi 経由で Twitter に流しています。
  • 写真などのツイート
    Youtube にアップロードすると、Twitter に流れるよう設定しています。
    また、Youtube でお気に入りに追加した動画も、Twitter に流れるように設定しています。
  • Tumblrのツイート
    これはちょっと毛色が違うので、説明しにくいですが、Tumblr のリブログも数が減ってきたので、Twitter に流すことにしました。(前にも設定してたことがあったんですが、その時はTLがTumblrまみれになってしまったので自粛。)

面白そうなものは登録するクセがついてるので、多分記憶から消えてるものがもっとありそうですがこの辺で。

Followっていう概念がいいよね。

最初にどこで触れたかは忘れてしまったけれど、最近フォローって表現がしっくりしてきた感じ。
最近ではGoogle Readerでも言語を英語に設定すると、followという表現で人のshareしたモノを追っかけるファンになることができるようになりました。

SNSみたいにコネクトしてる感覚は薄いけれど、まずフォローぐらいな雰囲気からはじまって、共有する場というか感覚の中において、ほんのりコネクトしてく感じが素敵でたまらない。
初めにそういう概念を考えた人は賢い!

こういう発想ってきっとお固い教授みたいな研究者からは生まれないものなのだろうか。
勝手なイメージではもっと柔らかい素性のところから生まれでそうに思うんだけれど。

followからスタートするか、コネクトからスタートするか、結構これって大きな違い。

BrightKiteなんかはコネクトからスタートするから、初めっからふわっとかつ深い空間ができている気がしている。
ハマると危険な香りがするけど、空気というか場の雰囲気は嫌いではない。

とりあえず、followからスタートして「人」が見えてくる、そんなのがウェブにマッチしているね。
どうでもいい情報も含めて初めて、「人」の輪郭が見えて「ソーシャル」と言える空間が場としてできあがるのではないだろうか。

さて、今週も頑張りましょう!

Blogged with the Flock Browser

ボクの好きなタイムラインについて

いろんな呼び方があるけれど、TL(タイムライン)という呼び方がきっと最も定着するんだと思う。

これはTwitterがタイムラインという言い方をしているからというのと、Twitterが電話なんかのインフラと同等のサービスと位置づけながら拡大して行っている現状から、きっとそういう呼び方が最もインターネット上のみんなに浸透していくんだろうな。

タイムラインにはみんなの発信したコンテンツ?がストリームとして流れている。
そのコンテンツとは何らかのブックマークかもしれないし、引用かもしれないし、写真かもしれないし、ムービーのリンクかもしれないし、140文字のつぶやきかもしれないし、2時間も3時間も構想を練り上げて書いたブログの大作の冒頭部分かもしれない。

なんにせよ、シェアしようと思って行動した結果であることに変わりはない。
そこにコンピューターではない、インターネット越しのキーボードを叩く(もしくはiPhoneでタッチするなど)人間の姿を想像する。

インターネットは巨大な脳でそこにせかせかと情報をインプットしているという感覚から抜け出し、シェアするという感覚が広がったがためにタイムラインから「情報浴」を楽しめる時代がやってきたのだ。

3ヶ月ほど、ブログもそこそこ書いて、どちらかというとインターネットのヘビーなユーザーになってみた。
簡単に「つながる」ということの楽しさというか心地よさというものが、誰にでも味わえるインターネットに進化したのだなぁ、というしみじみとした実感。

そんなわけで、よく「情報浴」をしているときの、タイムラインをご紹介したいと思う。
それぞれ雰囲気を知ってもらうためにもっと長く貼付けたかったけれど、Gyazoではスクロールしながら切り取りできなかった(ホントはできるのかもしれないけれど)ので。

Twitter
264cab853ef3d0fa44d1b388fcae7504.png

Tumblr(TumblrではDashboardという言い方をする)
7ba8ac2a94de5c85f55b02777d19790f.png

Logpi(呼び方はタイムラインでいいのかな?ここの「育児のつぶやき」が好き)

7bc6852fd09c3806cc878beb839bc4da.png

brightkite(What’s Happening の Me & My Friends、アートでなくても人間が撮った写真が時間で並んでいるというのは壮観)
c7a2f56aa446d2afcc70fde096f419af.png

とまあこんな感じで、なんかサービスに登録してみて、シェアの多い人をフォローしまくってみて、気付いたら自らもストリームに入り込んでいる。
そんな感じでインターネットを楽しんでみればよいのではないかと思う。

76世代と言われているけれど、おそらく自分の世代はインターネットはあまり使っていない(情報を調べるぐらいにしか)。ベビーブーマー世代がパソコンは仕事で使うものだと思っているのとさほど変わらないのじゃないかと思う、広い意味で。
そういう自分もTwitter以外はつい最近登録したものばかりだ。

使っていない人ほど、いいネタたくさん持ってるもんなんだけどね、もったいない。

Blogged with the Flock Browser