古いEye-fiカードが9月の半ばで使えなくなる。

Eye-fiの古いのを使って、デジカメと、Xperiaと、iPadでとった写真やムービーを自動的に家の立ち上げっぱなしのMac miniに転送して写真の一元管理をしてます。AndroidやiOSからもパソコンに転送できるアプリが提供されてきました。

写真は日付ごとのフォルダに保存するようにして、撮ったものが全部そこにどかっと入るようにしてきました。保存は外付けのHDDで、もうひとつ同じ4TBのHDDを用意して、たまに同期をかけてバックアップもとってきました。

この写真管理は結構簡単で楽チンだったのに、Eye-fiの旧製品のサポートとサービス(Androidなどのアプリも含む)が9月の半ばに止まる、というメールが突然届きました。

さて、9月からどうしようかな。そろそろクラウドに溜めとくみたいなサービスに過去の写真も含めて切り替えてもいいかも、と思ったりもします。悩ましいなー。

(参考)

「あなたの Eye-Fiカードに関する重要なお知らせ」というメールが届いた – 記憶は人なり

http://wave.hatenablog.com/entry/2016/07/07/083300

Eye-FiのPCへのデータ転送がうまく行かない時の対処法を別ブログにまとめた

昨年ずっとEye-FiのPC(Macbook Air)転送がうまくいかなかったので、その時の対処法を備忘録がてら、妻と一緒に立ち上げたこちらの技術系ブログの方に書きました。
PCへの写真がうまく転送できない方はご参考ください。

SQL文書いて実行したりとか、とても久しぶりで懐かしい感覚でした。
ちょっとプログラムも書きたくなりました。