ここらで手や気を抜かないとね。

ここらで手や気を抜かないとね。自戒を込めてメモ。

もうちょっとたてば復職しては6ヶ月。
少し仕事がバタバタしつつある。シンガポール人のわかりにくい英語と格闘したり、大きめの役割を与えられ、各部のコントロールに頭を悩ませたり。

現体制に対し、もっときちんと役割・責任を果たした仕事をすべきだ、という心の主張が強くなっている。周りのファジーなやり方に「雑すぎる」と怒りを覚えてしまう。ついつい議論中にイライラをぶつけそうになっている。それを我慢して頭に歪みを覚える。

往々にして自分の中で完璧主義者的な発想が見え隠れする。そんなことがこの少人数で出来るはずのないことも知っているにも関わらず。これをコントロールできない限り、自分の寛解はないのかもしれない。

今読んでいる「日本辺境論」で、武道的な「天下無敵」の意味、というパートが出てきた。
老いや病や痛みを「私」の外部にあって「私」を攻撃するもの、と捉えてしまうとベスト・コンディションの「私」が敵のせいで崩れている、という発想となり、いずれ敵だらけになってしまう、という。
しかし、「天下無敵」とは敵をそもそも作らないこと、老いや病や痛みを受け入れ、それが「私」であることを認識し、敵無しと発想することにある。

周りのことをもっとよしとして受け入れる。
その中でできること、やれることに集中する。
個と全体という二重生命的な感覚を忘れてはならない。

手を抜く、気を抜く、が悪い言葉のように見える、それ自体が凝り固まった発想なのだろう。

イライラが減りますように。

自戒を込めて。

日本辺境論 (新潮新書)
日本辺境論 (新潮新書)
おすすめ平均
stars日本人についての「もやもや」を正当化してくれるような一冊
stars目端の利いた著作
stars良い意味で軽い
stars今まで不思議に思っていたことが・・
stars著者も編集者もゆるゆる状態である。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

[`evernote` not found]
Pocket

“ここらで手や気を抜かないとね。” への4件の返信

  1. 「いらいら」は、しないようにするんじゃなくて
    しないように「なる」んだよね。
    むずかしいけど。

    ん?e-mail必須だったっけ?

  2. しないように「なる」の難しいね。変えられるもの、変えられないもの、が冷静に判断できてる時はいいんだけど、そういう状態がなかなか続かない。常に落ち着いていられる状態は望ましいけれど、人間そう簡単にゃいかないよね。

    メールは元々必須だったような気がするけど。セッションが切れた?若しくは別のブラウザからアクセスした?

  3. 一度いろいろ切ったの。
    クッキー消したり、ジャバスク切ったり

  4. にゃるほど、それでだね。
    このサイトで使ってるWordPressってのがクッキーでセッション管理してると思う、多分ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です