月に一冊の絵本プレゼント、その後

長女が3歳の誕生日を迎えたときに、月に一冊絵本をプレゼントする、というのを始めました。
その後、それなりに続けてきたけれど、一年経って、一旦区切りをつけておしまいにしました。
続きで買った本と、「毎月本屋さんに行って選ぶ」、ということで見えたことを記録しておきます。

東京で子どももいなかった頃は、ちょくちょく本屋には立ち寄ってましたけれど、子どもが生まれてからはなんだかんだとドタバタして、あまり本屋に行くことが無くなっていました。
長女は早々にしまじろうを始めたということでそっちから本が届いたり、保育園でも月に一冊ずつ本(月刊誌)をいただくこともあって、特に自分で本を選んでプレゼントする、という機会が比較的少なく、なんかのイベント(クリスマスなど)に限られた感じでした。
そんな状況の中、3歳になって色々と好みも出てきた長女に、月に一冊絵本をプレゼントしてみよう、と考えたのが3歳になった日、まさに思いつきでした。

実際に本屋に足を運ぶようになって、絵本のコーナーというのは、結構色々考えて構成されてるんだなぁということがよくわかりました。
季節季節のイベントを感じ取れるような、その時々にあった絵本がディスプレイされていて、かつ定番本、というのと比較的新しいたぐいのものというのも並べなきゃいけない、という感じ。
絵本自体は、自分が子どもの頃からあるような定番本がやっぱり売れ行きが良いのでしょうけれど、絵本作家を増やしたり、循環させて行くような仕組みとしては、それなりに店舗に並べなきゃならない。
ビジネス本なんかと比べると、定番本の比率がきっととても高いんだろうなぁと思います。

それで、その折々に、自分の子どもにあったものを選ぶ訳ですけれど、これがとても親にとっては大事なこと、のように感じました。
ある月にはトマトを一緒に育てたことを思い出してもらおうと、トマトの本。一緒に海に行ったことも思い出せるように、海に関連する本。
或いは、逆に絵本の方から、日常の生活のときに絵本の話をもちだしてあげるとテンションが上がったりします(デパートに行ったときに100かいだてまで登ろうとか)

という訳で、親子のコミュニケーションのためのモノとして本を見るととてもよい効果が沢山あったのですが、保育園に行っているのとしまじろうの本を最近読む時間がなくなってるということもあり、この上既にだいぶ増えてきた絵本をさらに増やすというのもどうだろうか、と思い立ったので、ここらで月イチ、という縛りをやめることにしました。

前回の続きで買った絵本は

2011年2月

自分で選ばせてみたら、やっぱりこういうのに・・・^^;
これもひとつ勉強になりました。

スイートプリキュア♪ シールあそびえほん (たの幼TVデラックス 252)
スイートプリキュア♪ シールあそびえほん (たの幼TVデラックス 252) 講談社

講談社 2011-02-05
売り上げランキング : 13092

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年3月

夜寝付きが悪くて、なかなか手こずっていた頃、買ってみました。
音が気になって眠れない、というのに共感を覚えたようです。

おやすみなさいの おと (講談社の創作絵本)
おやすみなさいの おと (講談社の創作絵本) いりやま さとし

講談社 2008-01-15
売り上げランキング : 338729

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年4月

「おおきくなるっていうことは、じぶんよりちいさいひとにやさしくできるってこと」
この本はとても好きな本です。

おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち) 中川 ひろたか 村上 康成

童心社 1999-01
売り上げランキング : 8113

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年5月

絵本の中にキラキラした素材が使われている部分があって面白い本。
ものの取り合いによくなる時期なので、とても共感できたみたい。

ごめんね!
ごめんね! ノルベルト ランダ ティム ワーンズ

ブロンズ新社 2010-12
売り上げランキング : 35792

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年6月

なっちゃんのふしぎな傘のおはなし。
とてもやさしいストーリーがお気に入りだった模様。

ちいさなきいろいかさ (きんのほしストーリー絵本)
ちいさなきいろいかさ (きんのほしストーリー絵本) もり ひさし にしまき かやこ

金の星社 1971-02
売り上げランキング : 265385

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年7月

保育園で借りてきたくろくんの絵本が気に入ったようで、くろくんシリーズのこれにしました。

くろくんとなぞのおばけ (絵本・こどものひろば)
くろくんとなぞのおばけ (絵本・こどものひろば) なかやみわ

童心社 2009-07-15
売り上げランキング : 17800

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年8月

100かいだてのいえ、は前々からずっと欲しかったけれど、長女の成長が追いつくぐらいまでずっと待っていました。
とても大事に、毎日少しずつ読んであげました。
数字を数えるのにも興味を持ってくれたようで、とびとびで50くらいまで数えられていたのですが、100までしっかり数えられるようにもなりました^^
そのうち、ちか100かいだてのいえ、も買おうと思っています。

100かいだてのいえ
100かいだてのいえ 岩井 俊雄

偕成社 2008-05
売り上げランキング : 1734

Amazonで詳しく見る by G-Tools

月イチの絵本はおしまいにしたけれど、イベントごとにまた絵本をプレゼントしていきます。
読んであげている時間、というのがとても大切で素敵な時間ですよね。

ブログ月間おわりに

11月はブログ月間と銘打って、そこそこ更新してみました。

少し振り返り。

ブログを初めて半年も経つと、結構、書きたいことがてんこもりで、日々「この瞬間の脳みそのスナップショットをアップロードしたいなぁ」なんて思うことが多々あったので、たくさん書けるだろうなーと思ったら、あら意外。

書きたいことっていうのはメモしとかないと、いざ書き始めたらなんにも思い浮かばないですね(笑)

アウトプットの難しさを学んだ一ヶ月でした。

実際に書いてたのは朝の通勤電車の中が多かったのでしたが、そのとき聴いてるポッドキャストなんかの話題の多いこと。

それはそれで、そのときの気持ちをバッチリ切り取ってるわけで、意味の無いことではない「無用の用」かな、と思ったりなんかして。
コレに関しては、自分のパーソナリティーをシェアする、ということが自分の成長として意外と良い方向に向かうような気がしています。説明は難しいんですが、例えば自分のうつ病からの回復には役に立っているような実感を受けるのです。

ところで、たまたま最近「思考の整理学」でベストセラーになっている外山滋比古さんに触れることが多くて、この人がテレビで出てるときにたまたま見ていたり、今日はいつもの「学問ノススメ」ポッドキャストを聴いていたらこの人だったりなんかして(本を買ったのはもう3〜4ヶ月くらい前で全部読んでないけれど)セレンディピティを感じるわけです。

ここでメモと繋がるわけですが、外山さんのやり方では、メモは書きためた後、メタノートという形で思考を熟成させて行くのだそうです。その熟成された過程で残ってきたものが自分の地肉となる、いわば、知識から見識へと姿を変えて行くような、そんなイメージだそうです。

これって、ウェブに照らし合わせてみると、結構行けるんじゃないかと思っていて、日頃 twitter なんかでメモを取るようにすれば、そこからメタノート的にブログに起こして行けば、自分の思考をうまくまとめあげていけるんじゃないかな、なんてふと思ったりしたのでした。

単純に思いつくのとやってみるのとでは大きな隔たりがありそうですが、試しにやってみましょうか。

といって、宣言すると苦しくなるので、やるかもしれません、ということで(笑)

そういえば、google search の social search を有効にしてるんですが、先ほど「外山」で検索したら、twitter でフォローさせていただいているつなぶちようじさんのエントリにぶつかりました。「思考の整理学」売れ始めたのは王様のブランチがきっかけだったそうで。関西ではやってない王様のブランチ、少し懐かしい気持ちになりました。

思考の整理学 (ちくま文庫)
思考の整理学 (ちくま文庫)
筑摩書房 1986-04-24
売り上げランキング : 32

おすすめ平均 star
starくだらない独り言
star当たり前のことを明快に説明してくれる本
star自分の思考の幅と深さが増しました

Amazonで詳しく見る by G-Tools

大切な人に読んで欲しい本【田坂広志「未来を拓く君たちへ」】

あっ、という間に生きてきて31年も経ったけれど、なかなかコレといって全力で人に勧められるものはない。

そんな中、本としては最もおすすめしたいのがコレである。

田坂広志さんを知ったのはなんだったかもう忘れてしまったけど、2年か3年ぐらい前だったと思う。

その後子供が生まれ、Uターン転職を考えていた自分は「なぜ、働くのか」を読んで、人生の一部としての仕事についていろいろと思いを馳せていた。

その頃からすっかり田坂ファンになった自分はメールマガジンに登録し、ソフィアバンクのpodcastを見つけ、氏の生の声を聴くようになった。

このpodcastの中に「なぜ、我々は「志」を抱いて生きるのか」というタイトルの、どこかでの講演を収録した回がある。2時間と長いけれど、この2年間の間にもう数回聴いただろうか。
本書はこの内容を書き起こしたものがベースになっている。
2009年1月に文庫版が出たようで、たまたま近くの本屋で出会ってしまったので買って読んだ。

特に感想というものをあげるつもりは無いけれど、「人生とはなにか」ということについて大人が教えてくれなかったことを、真剣に語ってくれている本なのである。一期一会、真剣勝負といった言葉の意味もしっかり脳に浸透させることができると思う。人によって、年齢によって、状況によって、感じることは様々だと思う。

podcastのほうは無料で聴けるし、本も700円と安いので、是非読んでみて頂きたい。
 
    

Blogged with the Flock Browser

スラムダンク『あれから10日後』完全版 を買いました

2009061410020000.jpg

昨日梅田に久々に買い物目的で行きまして、たまたま梅田LOFTの中でヴィレッジバンガードを見つけました。
入ってみたところ、amazonの欲しいものリストに入れてたスラムダンクの10 days after が大量に売ってた(4月に出たばかりみたい)ので衝動買いしちゃいました(笑)

スラムダンクは自分が小学校6年生のときにジャンプで連載が始まったマンガで、当時バスケにハマり、バスケットボールを買ってもらい、友達と朝練とばかりに小学校に早く行ってレイアップの練習してたのを思い出します(置いてくる、とか言ってw)。
その後、結局バスケ部に入ることはなかったけれど・・・。

結構スラムダンクには人生哲学を教えてもらったような記憶が多いのだけれど、2004年湘南の高校でこの本のイベントがあったのは、1億冊販売を記念して企画したものだったのを巻末の文章で初めて知りました。
知ってたらイベント見にいってたのに
ちなみに本の中に、1億冊のときのメッセージ広告(6紙に掲載された1面広告)6パターンも入ってました。

マンガのチカラってのは結構すごいですね。

Tumblrかなんかで、日本の若者はケータイ小説で左から開く本を読むようになったのに、海外の若者はマンガで右から開く本を読むようになったとかいうのを見ました。

まさに異文化コミュニケーション、ですねー。

Blogged with the P905i

ようやくamazonから届いた1Q84

2009061219070000.jpg

5/29に注文した村上春樹の1Q84のBook1がようやく家に届いた。

新作は店で買ったほうが早いのかな?

なかなか届かないあたり、マスクを連想させます。

Book2が届くのはいつになることやら・・・。

Blogged with the P905i

本は好きですか?【松岡正剛「多読術」】

松岡正剛さんを知ったのは、前職の先輩に教えてもらってからでした。

なんかぶっ飛んでる感じの人だなーと知ったのは、昔FBSというセミナーに行ったときに基調講演で直接話を聞いたときです。
こっちのブログでこのときの生録音を紹介してたんですが、音声ファイルが既にリンク切れになっちゃってて、セイゴオさんの話は聴けないようです。残念。自分のiTunesには登録されてる音声が残っているので、このときのセイゴオさんの話が聴きたい人は連絡いただければ送ります。)

セイゴオぶひん屋、これも何回か観ました。
面白いです。おすすめですよ。
(と言いながら、こっちもなんか既にアクセスできないですね・・・。)

また、爆笑問題のNHKの番組にも出てたのを観て、あぁやっぱり面白い人だなーと思った記憶もあります。



全部リンク切れだったので、youtubeで探したところ、面白いのありましたよ。
『CONTENT’S FUTURE』津田大介さんのポッドキャストで聴いてクリエイティブ・コモンズだそうなので目をつけてた本なんですけど(まだ読んでないですけど)、その中で松岡正剛さんからのインタビューしてるみたいです。
そのときの映像が上のヤツ。

脱線すると津田大介さんはTwitterとFriendfeedとTumblrで「follow」してる人で、面白いネタをたくさん流してくれている人です。もちろん顔見知りではありません。インターネットというメディアの中で有名人みたいなもんなんでしょうかね。

ところで本題に戻ると、このセイゴオさんめちゃくちゃたくさん本を読んでいる人で、その博識っぷりがすごいんですが、その辺の本に対する感覚、感性というか、本の裏側にあるもの、本ってなんなんだろうかという「想像力」をものすごく与えてくれる本になってます、この「多読術」という本。

内容はインタビュー形式で、本についてのあれこれをセイゴオさんが答える、という流れになってます。


最近(2009年4月)出たばっかりですので、是非読んでみては?

文庫化されてましたよ「ツレがうつになりまして。」

読みやすくてわかりやすいうつに関する本です。
この本に初めて出会ったのは5ヶ月強前のこと、診療所の待合室。
思わず涙したのを思い出します。
(新型じゃない、普通?のメランコリーなうつ的症状はかなり似てるところが多かったので)

読みやすいのは、マンガだから、というだけではなく軽いノリだから。
家族ってなんだろね、みたいなものも感じられると思います。

実際に周りにうつな人がいる場合、愛する人がうつ病になってしまった場合、きっと助けになってくれる、そんな本です。

「ツレがうつになりまして。」の巻末に出てくる専門家(野村総一郎さん)曰く、予防にも十分有効な情報があるとのこと。

というわけでオススメします。文庫版安いしね。

多分文庫化されるきっかけになったのは、NHKでドラマ化されることになったことも関係してるでしょう。
この5月末から3週連続(金曜10時から)放送されるようなので見ようと思ってます。

「イグアナの嫁」というのもツレさんのうつに関する本みたいだが、こちらはまだ文庫化はされていません。
そのうち読んでみようかな、とは思っているけれど、今回は以下二冊のご紹介。

文庫版「その後のツレがうつになりまして。」巻末に文庫版あとがきがあります。
ツレさんこと望月昭さんがうつ病で会社を辞めた頃から5年の月日が流れ、闇の中から抜け出した自然体の自分で、奥さんとの会話形式としてのあとがきを持ってきているところが、渦中の自分としてはなかなかの涙モノ。
啓蟄「けいちつ」(3月6日)の日を当ててくるあたりウィットに富んでグッドです。
(はじめ漢字がまったく読めなかったけど)

これはマンガだけど、最近本読みモードに入ろうとしてます。
インフルで外にも行きづらいしね。