iMacの電源が壊れたのでHDDを取り出してデータを救済

2008年に買ったiMac (Early 2008) が去年の3月に壊れてしまい(どうやら電源ユニットが壊れた模様)、中に入っていたハードディスクの内容が取り出せないまま、ほったらかしになっていました。

4年半くらいで壊れてしまったので、ちょっと修理するかどうか迷ったのですが、色々調べたり問い合わせたりしたところ、電源ユニット交換は代替4万円くらいかかる、とのことで、それなら新たにmac mini買ったほうがお得、とか考え始めると結局修理しなくっていいやってことで、放置する流れになったのです。(MacBook Airも持ってたし

HDDのデータにしても、写真とかは外付けのHDDで管理していたので、それほど重要なものがあったわけではなく、2008年移行iMacでCDから直に取り込んだ音楽ファイルなどがiMacの中にしかなかったので、音楽データが一部欠けてる状況で、若干不便かなーというレベルでした。

そんなこんなであれよこれよとiMacが壊れてから1年以上経ってしまったので、ええ加減データを取り出そうと、色々と調べて作業したので記録しておきます。 “iMacの電源が壊れたのでHDDを取り出してデータを救済” の続きを読む

MacBook Airを買ってよかった話

正月明けてから奥さんが、「次女も断乳して落ち着いてきたし、今年はアクティブにWordPress関連のイベントにも顔を出したい、持ち運びできるパソコンが欲しい」というのでMacを強烈にオススメしたところ、「えー、マウスのボタン一個しかないやん、いややー」と、ものっすごい後ろ向きでした。
とっても悲しい顔で応戦したところ、とりあえず欲しいのんにしたらええやん、と、なんだか自分のPCを買うノリで、MacBook Airを買った訳であります。

それから1ヶ月半くらい。だいぶ慣れてきました。
購入した11.6インチのMacBook Airの良いところと、アップル製品がたくさんあるといいことあるんですよを書いてみたいと思います。

ちなみに、これまで購入したアップル製品は

  • 2007 : iPod Touch 1G (カメラなし、スピーカーもなし)
  • 2008 : iMac 21.5inch
  • 2010 : iPod Touch 4G (カメラ・スピーカー・Bluetooth付き)
  • 2011 : Apple TV & Magic TrackPad

そして、2012 MacBook Air 11.6inch、という訳です。
結構アップルさんに貢献している状況ですね(汗)

とりあえず1ヶ月ほど、MacBook Airを使ってみてとてもいいところ、ですが2つあります。

1つは、マウスいらず、ということ。

もともと、iMacのほうでも、Magic TrackPadを購入して使っていたのでだいぶ使い方は慣れてるのもありますが、OS X Lionのマルチタッチジェスチャーを使うようになって、本当にマウスいらないなーと思うことが多くなっていました。MacBook Airのトラックパッドはそれよりも少し小さめの領域ではありますが、慣れると十分マウスなしで自由に使いこなせます。UIにこだわるアップル製品を触っておく、使っておく、ということは商品企画的なセンスも、利用者としての製品選択のセンスも磨かれるような気がしています。デザインについては賛否両論があるので、あまり触れずにおきます(個人的にはシンプルで好きですけど、奥さんはそうでもない模様^^;)

もう1つは、iMacとの連携が簡単、ということ

むかーしは、OSなんかも含めてPC自体をいじくるのがとても好きでしたが、最近はもうそういうPCの中のブラックボックス的要素にあんまり興味がなくなってきて、言ってみれば簡単に使えればよい、ってな志向になりつつあります。そういう人にとっては、2台以上の連携をするには、アップルのコンピューターはとても便利です。最近はApp Storeにて、一つのApple IDで購入したソフト(iMovieなど)なんかも複数PCに入れられたりするみたいですし(そういえばまだ2台のMacに入れるようなアプリをApp Storeで買っていない・・・)、iCloudを使ってデータを同期もできるみたいです。(そういえばiPhone持ってないので、iCloudもあまり使っていない・・・)

今個人的に一番便利な連携は、画面共有で、リビングにいながら MacBook Airを操作して、遠隔の iMacが操作できるということです。というのも、iMacには外付けのHDDをくっつけてサーバー的に動かしているので、写真やムービーなんかを確認したりPicasaにアップロードするには、こっちの操作をする必要があるのです。でも冬場はマンションの廊下側にある書斎はめちゃくちゃ寒い、なのでリビングから操作できるというのはとっても便利です。

iMacとの連携でもって、今後さらに便利になることがもう1つあります。それは

Apple TVを通して、リビングのテレビに表示できる、ということ。

これまで子どもたちの記録をとてもたくさん撮り溜めてきたものの、リビングではムービーも写真も見ることはかなわず、かといって書斎で見るというたぐいのものでもないので、撮ったまんま放置状態が続いていました。Apple TVを買ってみたものの、youtubeぐらいしか見れないので、最近はyoutubeに撮ったムービーをちょくちょくアップロードする、ということをしてましたが、今後はそういうこともしなくて良くなります。というのも、最近発表されたMac OS X Mountain Lionでとても嬉しい機能(AirPlay Mirroring)がリリースされるからです。この機能を使えば、リビングのMacBook Airから書斎のiMacを操作して、見たいムービーや写真を、リビングのテレビに表示すれば良いのです。これがこれまでアップル製品を買ってきて一番うれしい機能なんですが、もしかして今のiMacって第一世代Core iプロセッサー搭載機で対応できないんだろうか、とちょっと不安です。。。

あんまりMacBook Air自体のよいポイントじゃなくなってしまいましたけど、単品より総合的に価値を発揮する、というのはアップルらしい製品づくりだということだと思います。
ちなみに奥さんはWordPress関連イベントに持っていってますが、みーんなMacやから、いやや、とのこと^^;

Apple Magic Trackpad MC380J/A Apple Magic Trackpad MC380J/A

アップル 2010-07-29
売り上げランキング : 325

Amazonで詳しく見る by G-Tools

iMovie 11 で接続の失敗エラーで起動できなくなった場合の対処

iMovie を使って撮った子どものムービーなどを撮りためています。
編集スキルは全くないので、とりあえずためていくだけの日々。
昔撮ったスノボやサーフィン、テニスのビデオなんかも全部溜めているので、いつかリビングでビアーでも呑みながらのほほんと見れる環境を整えてやろうと思っているんですけれど、なかなかうまく行きません。(これはいろいろ試してみてるのをいつか書こうと)

ところで、iLife ’11 にして iMovieも最新のものにしてから、しばらく普通に使えていたのに、先週当たり久しぶりにここ数ヶ月で撮ったムービーをPCに取り込もうと思って立ち上げたら、「iPhotoビデオイベントをアップデート中」とメッセージが出て、そのすぐあとに「接続に失敗しました サーバ”(昔使っていたネットワーク上のPCの名前)”が存在しないか、現在利用できません。サーバの名前またはIPアドレス、およびネットワーク接続を確認してから、もう一度やり直してください。」というエラーがでます。OKとかNGとか押してもそのエラーが出続けてしまい、全くアプリを使うところまでいけなくなってしまうという現象になってしまいました。

いろいろググったところ、日本語ページには回答がなく、とりあえず言語環境を英語にしてもっかい再現させて、キーワードからググったところ、米国のディスカッションのページで解決策を見つけました。

~/Library/Preferences/com.apple.iApps.plist

このファイルを一時どこかに退避させて、再度iMovieを立ち上げると、新しい上記ファイルを作ってくれるそうです。
これで、変な接続設定が消えて、正しく起動できるようになりました。

Macユーザーの比率を考えたら、壁にぶち当たったときは本場の人たちの意見をググって探すのが賢明という話でした。