次女、1才。

次女、1才。GWに入る前に、次女は1才を迎えました。
ブログを振り返ってみていたら、長女のときは2才になったときも3才のときも何か書いていたので、遅ればせながらではありますが今想うところを。
(1才のときは、mixiのほうにでも書いてるのかなーと思い、ざっと振り返ってみたところ、仕事が忙しいとやらで特にコメントは残していなかった模様。今考えれば、悪い方向へ突っ走って行く兆候だな。)

1才になるちょっと前に、一度すくっと立って一歩歩いたことがあったんですが、その後1才になるまで、全くつかまらず立つという気配も、つかまり立ちからも足を出すという仕草もなくなっていました。1才の誕生日が過ぎて、GWに実家に帰ってじいちゃんばあちゃんに遊んでもらったりとするうちに、思い切りが出たのか、一挙に歩けるようになりつつあり、今日は2mほども歩けるようになりました。

じぶんであるける

そういう感覚が、とっても楽しいのでしょう、見るからに満面の笑みでよちよちと、一歩、また一歩、手がパーの状態で歩いているのを見るに、とても長女の歩き始めた頃を思い出します。

次女は成長していく中で、長女の面影や記憶を呼び戻してくれるとともに、全く性格や行動が異なる一面も見せてくれることも多く、とてもとても日々が楽しいものとなっています。生まれて初めのうちは、4人の空間がなかなか飲み込めなくて、初めっから長女のときほどベッタリじゃなかったけれど、徐々に徐々に、おねえさんとしての長女の役割、長女と次女という二人の子を持つ父親としての役割、みたいなものが芽生えていって、今では二人とも正直ベッタリです(笑)
片目ずつ目に入れても痛くないでしょう(笑)

これから、徐々におしゃべりが出来て行くようになって、姉妹に会話が生まれるようになると、にぎやかでとても楽しい空間ができることでしょう。今からとても楽しみでなりません。

二人がこれからも健やかに育ちますように。
奥さんへの感謝を込めて。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です