次女、保育園に入園

次女、保育園に入園この4月から、次女が保育園に入園しました。
もうじき1歳になります。あっという間です。

日に日にできることが増えていくのですが、長女のときとは異なり、どんなことができるようになっていくか、ということが頭の中に入っているものですから、この一年というのは、驚き、というよりも、記憶の呼び返しによる、微笑み、といった感じが多かったように思います。

長女が1歳までに教えてくれたこと、次女が1歳までに教えてくれていること、大小さまざまありますけれど、共通するのは、生きる力がみなぎっている、ということです。
全力で泣いて、やりたいことに夢中、ごきげんなときは大笑い。

3歳の長女は、自我をある程度コントロールしなければならない局面が出てきたりと、また別の成長はありますが、そもそもの生きる力というやつは、やりたいことに夢中なとき、いやなことにおお泣きしているときにとてもはっきり見えるものだと思います。

ああ、こんな風に生きたいなぁと思うことが最近多々あります。

常に頭の片隅に何かがある状態では、なにをやるにでも集中が続かないですよね。
目の前に夢中、そういうのにとてもあこがれる今日この頃です。
きっとそういうとき、はたからみるとキラキラと輝いて見えることでしょう。

Posted using Mobypicture.com

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です