カテゴリー
もろもろ 時事

桜前線のように

ここらへん(尼崎)では、今日がほぼ満開でした。

少してっぺんがつぼみの木もあったものの大体は咲いていて、うちの前の桜並木もとても奇麗でした。
朝早いうちは少し曇っていたものの、昼前に長女と散歩に出かけたときは、だいぶ太陽の光も出てきて、穏やかな一日になりました。

とても穏やかな一日でした。

震災以来、遠く離れたこの地でも、「自粛」や「不謹慎」という言葉が踊るように、心から何かを楽しんだり、笑ったり、そういうことが難しくなっているように思います。
桜の花に美しさを感じ、穏やかな感情を抱く、そのことをとても大切なことのように感じます。

首相と文科相から「子どもたちへのメッセージ」が4月6日に出されました。
とても暖かいメッセージだと思いました。
政府やその他、批判が踊るインターネットやメディアにあって、このような暖かいニュースも大きく広げていただければと切に願います。

日本(にほん)の国土(こくど)は縦(たて)に細長(ほそなが)いために、沖縄(おきなわ)では例年(れいねん)1月(がつ)上旬(じょうじゅん)に開花(かいか)宣言(せんげん)が行(おこな)われ、その桜(さくら)前線(ぜんせん)は、約(やく)半年(はんとし)をかけて、5月(がつ)の下旬(げじゅん)に北海道(ほっかいどう)の北端(ほくたん)に到(とう)達(たつ)します。自然(しぜん)がおりなす、素晴(すば)らしい命(いのち)のリレーです。

 自然(しぜん)は、今回(こんかい)の地震(じしん)や津波(つなみ)のように、時(とき)に、私(わたし)たちに厳(きび)しい試練(しれん)を与(あた)えます。しかし桜(さくら)前線(ぜんせん)のように、私(わたし)たちをやさしく包(つつ)んでくれるのも、また自然(しぜん)の力(ちから)です。

ところで、さくらですが、関西に来てから気付いたのが、雀のいたずらです。
さくらは花びらが舞うイメージですが、最近は竹とんぼのように、桜の花そのものがクルクル回りながら落ちてきます。
良く見ていると、雀がいたずらをしているよう。

ニュース記事を見ると、どうやら花の蜜を吸っているようですね。
この時期に虫などの他のえさが乏しいということも原因にあるようですが。

Posted using Mobypicture.com

そういえば、前に住んでいた駒込はソメイヨシノの発祥の地で、さくらには深い想い入れがあります。
今日は子どもたちと二回散歩に出かけて、ぼんやり桜並木を眺めながら、たくさん元気をもらったような気がします。
たくさんの人に、この美しい桜が元気を与えてくれますように。

桜前線についてですが、経済のほうでの盛り上げについても西から東へと包み込んで行けるよう、西の一員として努力して行かねばならないと思います。

まとまりがないですが、このへんで。

カテゴリー
もろもろ 時事

こころだいじに

このたびの震災で直接的、間接的関わらず大きな被害を受けられた方に、心よりお見舞い申し上げます。

被災する、という意味においては、直接的に被災された方はもちろんのこと、間接的にも多大な影響を受けた中で苦しみの渦中におられる方もいらっしゃると思います。

私は大多数の国民の皆様と同じように、何か出来ないものかと思いつつも、なかなか直接的に役に立てるようなことがなく、日々もどかしく過ごしているところであります。ツイッターでは少しでもフォロワーのみなさんにとって(短期的にも長期的にも)よいであろうと思う情報が流れてくればRTなどし、情報共有するように心がけてはおりますが、結局のところ直接的な被災者には、通信手段が途絶えている以上、必要な情報は届かないのが現状でもあると思っています。通信環境の耐災害能力というのは、とてつもなく重要なものであると、今回つくづく感じました。

高校の頃、住んでいた隣の街、神戸市を中心として阪神淡路大震災がありました。我が家も被災し、大きな揺れだったものの、何とか当日中には電気も復旧し、夜にはテレビも映りました。そのとき映像から流れてきたもののショックの大きさは、今でも頭に焼き付いています。翌日には水道も復旧し、その後長期にわたり水や電気なしに苦しんだ地域と比べれば、被災したとは言え、比較してたいしたものではありませんでした。

今も報道では、毎日すさまじい光景がテレビに映し出され、その意図ではないのでしょうが、原発の行方も含めて不安を煽られる状況にあります。当時高校生だった自分は、「なぜ自分が生き残って、犠牲になった人たちがこんなにもいるのだろうか、せめて自分が代わりとなれたなら、身代わりに生き残れる人もいるだろうに」という気持ちをよく抱いていたのを思い出します。

今は募金なり、物資を送るなりということを現実的に考え、実施することも出来ますし、高校生当時の頃のようにほんとうに全く何も出来ないと思い悩むことはありませんが、やはりそれでもこのような状況下においては、無力感というのは誰にも襲ってくるであろうと思います。

うつ病になった経験も振り返ってみて、ちゃんと折々にこころを開放してあげる、ということが、苦しみの渦中にあっては最も重要なことのように思います。とにかくこころが望むこと(遊ぶことでも、食べることでも、酒を飲むことでも)をかなえてあげることで、また一段とあたまが働くようになり、建設的、希望を現実に変えうるプランなども生み出されていくのだと思います。

被災者においては、その一人一人の話をしっかりと聴いてあげて、その人のニーズに合った対応をしてあげる、ということが最も求められることである、ということを聞きました。これもその人のこころが望むこと、をかなえてあげることで、またその人のいのちが輝けるように救済することが出来るのだと感じます。

人を助けることを、みなあたまで望んでいると思います。
そんな中であっても、人は人間である以上、こころが望んでいることも満たしてあげないと、あたまで望んでいることだけを理論的に突き詰めていくというのは、負担がとても大きなものになってしまうので注意が必要だと思います。

特に現地で毎日限界までがんばっている、被災者、支援者、東電の方、公務員の方、自衛隊の方など全ての人に、こころを大事に一日一日を過ごしていただきたく、祈る毎日です。

カテゴリー
時事

1Q84 BOOK2 届く

2009061414380000.jpg

BOOK1に続いて、本日ようやくBOOK2到着。
とは言っても、まだBOOK1 第1章だけど・・・。

Blogged with the P905i
カテゴリー
時事

スラムダンク『あれから10日後』完全版 を買いました

2009061410020000.jpg

昨日梅田に久々に買い物目的で行きまして、たまたま梅田LOFTの中でヴィレッジバンガードを見つけました。
入ってみたところ、amazonの欲しいものリストに入れてたスラムダンクの10 days after が大量に売ってた(4月に出たばかりみたい)ので衝動買いしちゃいました(笑)

スラムダンクは自分が小学校6年生のときにジャンプで連載が始まったマンガで、当時バスケにハマり、バスケットボールを買ってもらい、友達と朝練とばかりに小学校に早く行ってレイアップの練習してたのを思い出します(置いてくる、とか言ってw)。
その後、結局バスケ部に入ることはなかったけれど・・・。

結構スラムダンクには人生哲学を教えてもらったような記憶が多いのだけれど、2004年湘南の高校でこの本のイベントがあったのは、1億冊販売を記念して企画したものだったのを巻末の文章で初めて知りました。
知ってたらイベント見にいってたのに
ちなみに本の中に、1億冊のときのメッセージ広告(6紙に掲載された1面広告)6パターンも入ってました。

マンガのチカラってのは結構すごいですね。

Tumblrかなんかで、日本の若者はケータイ小説で左から開く本を読むようになったのに、海外の若者はマンガで右から開く本を読むようになったとかいうのを見ました。

まさに異文化コミュニケーション、ですねー。

Blogged with the P905i
カテゴリー
時事

ようやくamazonから届いた1Q84

2009061219070000.jpg

5/29に注文した村上春樹の1Q84のBook1がようやく家に届いた。

新作は店で買ったほうが早いのかな?

なかなか届かないあたり、マスクを連想させます。

Book2が届くのはいつになることやら・・・。

Blogged with the P905i
カテゴリー
もろもろ 時事

ボクのビョーキ(うつ病)はこんな感じですよ。

「ツレがうつになりまして」NHKのドラマで今日(2009.5.29)から三週にわたって夜10時から放送されます。

マンガについてこっちで紹介したけれども、結構自分の症状と似ているところが多い。

人に自分の病気のことを知ってもらうということは何を意味するのか、それは自分の中でも答えは出ていないしよくわからない。
押し付けがましくてすみません、というキモチもないことはない。

けれども、何となく知っといてもらったほうがなんとなくいいような気がしている。
いつ誰がかかるかわからない病気である、ということからしても。

ということでこれをpublishしておきます。

お時間のある方は是非。

カテゴリー
インターネット 子育て 時事

ビデオ撮影できる機器はなんて呼んでますか?

SONYのハンディカムのキャンペーンサイト?なのかな。



最近涙もろいとはいえ、ついつい、見て涙してしまいました。

自分には1才9ヶ月の娘がいます。

きっとこれを作ったクリエイターの方も、子供がいらっしゃるのでしょうね。
こんな風に、作品に対する思いまでのぞかせてもらえるなんて、本当に良い時代に生きていると思います。
 murakenさんのエントリー
 岩城 洋平さんのエントリー
 
この作品を作ってくれてありがとうございました。

ちなみに、この作品を見つけたのは muraken さんのブログを発見してからです。全然顔見知りとかではなくて、最近パパママ系のブログをGoogle Readerによく登録しているのです。そんな感じで、人からサービス(もしくは作品)に出会うって言うのはウェブの面白いところだと思います。一昔前ではあり得なかったでしょう。

カテゴリー
時事

本は好きですか?【松岡正剛「多読術」】

松岡正剛さんを知ったのは、前職の先輩に教えてもらってからでした。

なんかぶっ飛んでる感じの人だなーと知ったのは、昔FBSというセミナーに行ったときに基調講演で直接話を聞いたときです。
こっちのブログでこのときの生録音を紹介してたんですが、音声ファイルが既にリンク切れになっちゃってて、セイゴオさんの話は聴けないようです。残念。自分のiTunesには登録されてる音声が残っているので、このときのセイゴオさんの話が聴きたい人は連絡いただければ送ります。)

セイゴオぶひん屋、これも何回か観ました。
面白いです。おすすめですよ。
(と言いながら、こっちもなんか既にアクセスできないですね・・・。)

また、爆笑問題のNHKの番組にも出てたのを観て、あぁやっぱり面白い人だなーと思った記憶もあります。



全部リンク切れだったので、youtubeで探したところ、面白いのありましたよ。
『CONTENT’S FUTURE』津田大介さんのポッドキャストで聴いてクリエイティブ・コモンズだそうなので目をつけてた本なんですけど(まだ読んでないですけど)、その中で松岡正剛さんからのインタビューしてるみたいです。
そのときの映像が上のヤツ。

脱線すると津田大介さんはTwitterとFriendfeedとTumblrで「follow」してる人で、面白いネタをたくさん流してくれている人です。もちろん顔見知りではありません。インターネットというメディアの中で有名人みたいなもんなんでしょうかね。

ところで本題に戻ると、このセイゴオさんめちゃくちゃたくさん本を読んでいる人で、その博識っぷりがすごいんですが、その辺の本に対する感覚、感性というか、本の裏側にあるもの、本ってなんなんだろうかという「想像力」をものすごく与えてくれる本になってます、この「多読術」という本。

内容はインタビュー形式で、本についてのあれこれをセイゴオさんが答える、という流れになってます。


最近(2009年4月)出たばっかりですので、是非読んでみては?

カテゴリー
インターネット 時事

質問:Twitter使ってます?のGoogle Docsアンケート

Twitterブログを見ていると、アンケート募集というのがあったので、やってみました。

アンケート自体は Google Docs で作っていて、面白いなぁと思ったのと、Google Docs でアンケートがとれるというのを知らなかったので、実験的に作ってみました。回答してくれる人は是非お願いします。

回答後の結果ですが以下にリアルタイムで更新できる、はず。




ちなみに日本人の登録数は検索したけどさらっとはわからずでした。
Twitter使ってる人は、Tweepleというらしいです

カテゴリー
インターネット モノ 時事

docomo の Android ケータイ

ドコモからAndroidケータイが出ることが発表されました。
東京に住んでたら喜んで新製品内覧会に行くとこですが・・・。

予想通り、おさいふケータイは付かず、それどころか iモードにも非対応ということなので、ソフトバンクからiPhoneが出たときとイメージはさほど変わらないです。

とはいえ、連絡先やメールアドレス、地図情報、カレンダー(タスクスケジュール)をPCとケータイで本当の意味で一本化できる、というところだけでも非常に大きいかな、と思ったりもします。

発表会で山田社長は国内メーカーからのAndroidケータイ開発に期待します、という旨の発言をされたようなので、冬モデルに期待することにします。
おさいふケータイ対応は雰囲気難しそうな気がしますが。

今回のAndroidではGoogleJapanのYoutubeチャンネルでもGoogle Readerについて触れてなかったので、その辺の拡充も期待したいところです。

GoogleJapanのYoutubeチャンネルから出てるAndroidの操作動画がわかりやすいので、ListPodにまとめてみました(現時点で6動画:全部で10分弱)

このListPodからは、iPodにダウンロードして通勤中などでも見れるので、動画対応 iPodの方は登録してみては如何。
(下記リンクをiTunesにドラッグ&ドロップすれば登録できます)

http://listpod.tv/list/31667/rss


<追記:2009.05.21 20:45>
 GIGAZINEさんによると、パナソニックから秋冬モデル向けにAndroidケータイ開発中とのこと、その分の開発資源は、au向け端末をあきらめたところから出てるようです。docomoユーザーとしては嬉しいけど、auユーザーとしては残念なお知らせですね。是非おさいふケータイ付きのAndroidが出ることを期待しますが、世界展開を狙った端末にして、中国などにも売り込むんだとしたら、やっぱりおさいふケータイは付いてないのかもしれない。その辺り気になるところです。