続トイレトレーニングのおはなし

続、と名付けるとなんとなく岳物語を思い出す。
内容はわすれてしまったけれど、こないだ椎名誠さんの声をポッドキャストではじめて聴いた。
こうやって作家などアーティストの生の声が聴けるというのは素敵な時代であるとつくづく感じる。

という前置きはまったく関係なく、去年から始めたトイレトレーニングのお話です。

前回書いたように、シールで星取表をはじめ、1月2月と順調に進んだトイレトレーニングですが、3月に入ってさらにその確実さを増していくという、とてもうれしい状況が続いています。

Posted using Mobypicture.com

2月の終わりに布パンツがはけるようになって以来、基本的には紙おむつで過ごしたことはありません。
ずっと布パンツ!!
こどもちゃれんじのしまじろう曰く「パンツマン!」です。(女の子だけど)

何度か布パンツで出しちゃったこともありますが、せいぜい両手で数えられるほど。
昨日は手で器を作って受けるはめになりましたけど(^^;)

大体において、出しちゃった場合は、「出ちゃってもいいんだよ」と十分言い聞かせた上で、「できたら出そうなときには教えてね」と軽く言っておく、という感じです。
一気にできるようになった、という原動力は「トイレ楽しい」のひと言に尽きるかもしれません。

トイレで出してる時のコミュニケーションが、親としても結構楽しいです。
面白いこと言ったりします。

うんちが2,3回に分けてぽちゃんと出たときには、「キティちゃんたくさん貼る」といって「いやいや、一枚やがな」とボケツッコミを展開したり(ちなみにうんちの時はキティちゃんのキラキラシールが貼れるという特典にしている)、出たうんちを眺めて、やわらかめだったりすると「やられてる」と言ったり。(やられてるって、どんな表現だ・・・)

まだまだ試練もあります。
保育園で一足先に進級したんだけれど(4月から新しく入る子の準備のため、元々いる子たちは少し早めに進級するしくみ)、担当の先生が変わってしまったので、トイレに連れて行ってもらったときに出ない、という状況が続き、園でもらしてしまったみたいです。しかも二日連続。

奥さんが前任の担当の先生などでトイレに連れてってくださいとお願いしているため、その後は順調に行っているようですが、ムスメにとってはちょっとした試練。
後はトイレに行きたいのに『今ちょっとトイレ行けない状況』というやつが、まだあんまり経験してないのでその辺の試練が出てくるのかな。

何かを我慢する、ということが状況として増えてきているけれど、そういうタイミングでいろんなことを学ぶきっかけにもなると思います。頭のスイッチが上手く押されて、想像力とか感受性とかが成長していくきっかけになればいいな。

親としては、躾と仕付け、といったあたりの使い分けをちゃんと頭に入れておかないとなーと思う今日この頃でした。
躾と仕付けはこのへんに

トイレトレーニングの出来事

うちのお嬢ちゃんの成長っぷりが激しくなってきました。

去年の11月半ばからトイレでおしっこが出来るようになったうちのお嬢ちゃん。
少しずつ毎日に近づいてきていたため、今年に入ってから星取表をつけるようにしました。

1月の戦績はこんな感じです。

Posted using Mobypicture.com

月半ばで少し停滞していたものの、基本的には夜寝る前にはトイレに座っておしっこしてから寝る、という習慣がしっかりついてきた、というところでした。

2月の戦績は今のところこんな感じ。

Posted using Mobypicture.com

キティちゃん関連のキラキラしたシールはうんちです。(他はおしっこ)
というわけで、4日連続うんちがトイレで出来ています!
ここ4日シールがはみ出しまくりという嬉しい悲鳴!
(デカイシールもありますけどもね。)

なんと、今日は保育園で昼寝の後からずっとパンツをはいていて、おしっこ数回、帰ってきてからうんちと、まったくパンツを濡らさずに寝ることが出来たという、なんともぶっ飛んだ成長っぷりであります。

なにかが出来た時の「できるとうれしい」という気持ちは、それだけでエネルギーを生んでいるような気がします。
もちろんたくさん褒めてあげてるので、調子に乗ってるのもあるでしょうけれど、やっぱり自分で出来るということの喜びはもっと根本的なもののような気がします。

こんな調子で、なんだか成長っぷりがすごくて、トイレだけでなくそれにつられるかのように、おしゃべりだとか洋服を着るときの様子だとかまでレベルアップしてきてるように感じます。
できないことも、「実はできるんじゃないか、自分でやろう」オーラを出してるような感じなのです。
「自分でしたいの」といって怒ることも増えてきました。
好奇心みたいなものが湧き出ているのかなーとちょっと思いました。
成長するときは竹の節目の如く、ぎゅぎゅっと詰まっているという話にもリンクするように感じます。

なんだか、爪の垢でも煎じて飲んでみようかと言うぐらい、わが子なのにリスペクトしちゃいます。

この調子で勢い余って時計の針を教えようと思ってます、のんびりと。
まずは寝る時間を教えておいて、針が動く間の時間の感覚、というのを身につけてもらおうと。

<追記 2010/3/1>
2月の最終成績はこんな感じでした。
Posted using Mobypicture.com

2/28には一日布パンツで過ごせたりと、今のところカンペキにパンツ生活が出来ています。
自信は力を生むというのが、すごくよく分かりました。
どんどん調子にのってもらおうと思います(笑)

できる、うれしさ

うちのお嬢ちゃん、夜ふとんに入ってからおしっこする、と言いだし、トイレへ。

トイレで出来たのは昨夜でもう三夜連続!

その前に出来たのはひと月以上前、出来たときは、全力で褒めてあげる。

褒められたから、というだけでなく、何かを自分でできた、という喜びの感情は表情に満面の笑みとなって表れる。

大人のように照れてクールなふりして隠すようなことはしない。

その当たり前で、自然に生まれ出る喜びを、もっともっと感じさせてあげたい。
そのお手伝いをする、ということが子を育てる、ということかもしれないと思う。

上から目線で成長させて「あげてる」なんて気持ちは要注意。
こうして沢山の気付きをくれる子供に、我々が成長させてもらっているのだから。

子供の中にある爆発的なエネルギーを浴び続けることは、大変だけれども、やはり全てを受け止めてあげたい。