メガネ男子

メガネ男子今年は2010年ということでメガネ始めました。
全然2010年とは関係ないのですけども、ずーっと使ってたコンタクトを切らしまして(ワンデイアクエア)、昨年末辺りから関西でコンタクトの安い店を探してたところ、東京で買ってた倍の値段ということが発覚。

東京で買ってた店(渋谷の八重洲コンタクト)はワンデイアクエアを押してたみたいで、大量に買うとだいぶ安くなってたようです。
まぁそんなワケで、同じコンタクトを倍の値段で買うのもバカらしいなぁと思い、メガネを新調するに至ります。
関西に来てテニスもサーフィンもできてないし、コンタクトニーズが自分の中で小さくなってるのも原因です。
あ、あと長年のコンタクトの爪あとでドライアイまっしぐらになってるのも原因の一つです。

ということで年明けから高槻のメガネ屋さんで新しいメガネを作りました。

Posted using Mobypicture.com

ちょくちょくコンタクトを外すタイミングではメガネをかけてましたけど、日常生活という意味では会社に行く時も常にコンタクトをしてたので、朝は楽になりました。ちょっとだけですけども。

で、よく巷で聞くメガネ男子ってのはどういう語源(ルーツ)なのか気になりちょっくら調べてみましたです。

はてなキーワードによると

眼鏡を掛けた女性に萌える「メガネっ娘」に対し

眼鏡を掛けた男性に萌える「メガネ男子」(→メガネくん)

mixiのコミュニティに端を発し、 NHKでのテレビ放送、書籍の販売と2005年になって一般にも浸透し始めた

メガネ男子 と メガネくん(メガネ君)
どちらも「眼鏡を着用した男性」を表す言葉だが、「メガネ男子」と表記される場合は、主に 3次元(実在する人物)のメガネ男性 を指すことが多い傾向が見受けられる。

2次元(漫画・アニメ)における メガネ男性 については主にメガネくん(またはメガネ君)と呼ばれている事が多い

最近じゃブームはウェブから始まるのが多いんでしょうか、渋谷の女子高生からスタートするブームもまだ残ってるんでしょうか。

それはさておき、ドライアイもこれを機会に治したいなぁーということでちょっとお高い目薬を買ってきました。
お高い目薬だけに、説明書もカラーです(笑)

Posted using Mobypicture.com

それにしても、説明書に絵が書いてるんですが、角膜まで突き抜けてるって、怖いですねードライアイ。

メガネと言えば、このネタがものすごく印象に残ってます、高校のときくらいに見たのかな?

半月以上経って、少しずつ慣れてきましたけど、やっぱり見えすぎるというのは疲れますねー。
(視力をちゃんと測り直したので、度数がそこそこアップしてます)

あと、「パパ男子」というの今年流行りそうなキーワードだそうで。
いつも読ませていただいている Fathering Japan の安藤さんのブログで知りました。

電通が作ったというあたりはバズワードっぽくて、あるところではイメージはあんまり良くなさそうですが、パパの若年層へのイメージアップ的には悪くないアイデアと思います。
もちろん、グッズなどの見てくればかりの方向に向かってしまうと切ない限りですけど。

[`evernote` not found]
Pocket

“メガネ男子” への4件の返信

  1. 僕はメガネ派
    スキーのときだけはコンタクトがいいけどね。

  2. たしかに。スキーはゴーグルinメガネはツラそうだ。
    海はメガネアウトだから、海ではコンタクト派です。
    でもその他は今年からメガネ派閥にいれてもらうよー!

  3. もはやメガネ「君」って年ではないなお互い(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です