年度の終わり

年度の終わり久々にiPodからブログを書きます。
今日で2010年度も終わり。
今年度は一年通してちゃんと働くことができたということに先ず感謝。

大震災のこともありますが、日常を不自由なく送れるということに、このような有難さを感じることができる、ということ自体が、とても素晴らしいことのように想います。

場の研究所の清水博さんが、この震災における何かの役に立てば、と寄稿されている文章には、「持つために在る」から「在るために持つ」とタイトルがつけられています。

http://www.banokenkyujo.org/?p=1691

私は心の病に倒れているとき、いつもこの清水さんの勉強会の音声を聴きながら、まさに癒やされていたのですが、この文章にもあるとおり、いのちの力というものは、とても強く、創出力があったからこそ、回復に至ることができたと感じています。この創出力は、家族という場における創出意欲を支える働きがあったことはいうまでもありません。

個の話と同じではないことはもちろん分かっていますが、被災地の復興においても、このような創出意欲の必要性を清水さんの文章から強く感じました。

長い期間に渡る支援が必要になることは明らかですので、私も継続して被災地の支援となることを考え続けることで、自らの風化させないよう心がけたいと想います。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です