復職前の静かな休日

復職前の静かな休日10月から復職となったので、今日と明日は休みをもらいました。

休職中の9月は、1日体調不良で休んだものの、残りは通常通りフルタイムで出社することができました。
業務はなく、資料を漁ったり、Webサーフィンして興味のある記事をTwitterにクリップしたり、と遊んでるようなもんでしたが、その時々、職場という場において自分の体調、心調を客観的に見つめるには貴重な時間でもありました。

今日、明日はまったく何をするつもりの予定も無い休みだけれど、頭を整理して落ち着かせるためになんとなく必要だと思っていた休みです。

さっき、久しぶりに娘を保育園に連れて行ってきました。
別れ際に「パパ、だっこぉ〜」と泣いてしがみつきましたが、先生が抱っこしてくれてなんとか落ち着きました。
泣き叫び続けること無く落ち着くことができるのは、日頃の先生方の愛情の賜物と感謝するばかりです。

復職したら保育園の送り迎えもなかなかできなくなると思います。
たまの年休を取ったときには、子どももお休み、というのがフツーの生活だと思うし。

それでも、休職中に何度もした保育園の送り迎えだけで、たくさんのことがわかったような気がします。
日常の中の、母の気持ち、子の気持ち、忘れないようにしたいですね。

とりあえず今日は2年ぶりに料理してみようと思います。
我が家ではめっきり掃除担当のパパですが、料理も少しずつはじめたいなぁと思う今日この頃なのです。
前に料理したのは、子どもが生まれてまだ奥さんが本調子でなかった頃のこと。

料理は嫌いでしたが、本当は嫌いじゃないのかも、なんて思うこともたまにあるのです。
村上春樹の本を読んでいると、よく料理を作るシーンが出てきます
そういうものに、感化されている可能性もありますけど(笑)

今日のメニューは、チャーハンです、簡単だそうです。

このタイミングで料理しよう、なんて「新しい酒は新しい皮袋に盛れ」とばかりに、内面外面ともに変化を求めているのかもしれません。
しかし、変化はゆるやかに、自らがおこさねばならない、というのが今の私の持論です。

うつになった認知の歪みは、簡単に矯正できるものではないかもしれない。
けれど、新しい皮袋をこしらえることで、少しずつ、新しい酒に変わって行ければと望んでいるのかもしれません。

この数ヶ月、良くなっては来たけれど、「行動の前のモヤモヤ」がまだ消えることはありません。
行動してからは消えてしまうこのモヤモヤを、確実に行動して行くことで少なく減らして行く、そんな風にしてうつ病の寛解を目指していくのです。

Blogged with the Flock Browser

[`evernote` not found]
Pocket

“復職前の静かな休日” への2件の返信

  1. 料理はたのしぃぜぃ♪
    はじめるまでが気合がいるけどね。

  2. 久々にやると新鮮だったよ。
    ものごとを組み立てるということを久々に考えた気分。
    味は可もなく不可もなく、まぁ次回に向けてってことで。
    次はパスタでも作ってみようかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です