うつ病から一年経って思うこと

うつ病から一年経って思うことちょうど一年前、成人式の次の日でした。
午前三時頃に目覚め、布団の中で全身汗をかきながら震えていました。

もう、自分が自分ではない状態なのは、重々わかっていたような気がします。
あの時、もはや職場にいても何もできない自分は、完全に意味のない、価値のない存在であると思い込んでいました。
毎朝聴く日経をポッドキャストに入れて、聴きながら通勤していましたが、いつの頃からか iPod も聴かなくなっていました。
通勤電車の中では、1ページも進むことなく、業務知識の習得のための本が開かれていました。

何かをやろうとしても、一歩も前に進まない状態だったのです。
周りが気づいて止めようにも、半年しか一緒に過ごしていない同僚には何気なく振舞う私の内面は捉えられなかったことでしょう。
ここまでひどくなるまでに至ったことについて、上司含めてまったく周りを恨んだことはありません。
むしろ、この人達の役に立てない状況に対して、常に自分を追い込んでいました。

今思えば、半年で10年選手たちと肩を並べようなんてのがおこがましい考えだったわけですが、結局のところ無理をしたのです。
その一言に尽きるのです。

転職し半年、上手くいかない日々、この仕事は合わないのではないか、と何度も何度も考えました。
嫌いな仕事を続けていること、さらにその上時間を極限まで削られて子どもの世話もできないということが、心を蝕んでいるのだとずっと思っていました。
一度考え始めた思考は脳裏に焼き付き、どんどんエスカレートしていったように思います。
元々がプラス思考で生きてきたのに、環境の変化を甘く見すぎていたのです。
一度マイナスのスパイラルに陥ってしまうと、もはやそこから抜け出すことは出来ませんでした。

このようにして、徐々に心が壊れていったのです。
そして崩れるときには、がらっと大きく崩れました。

最初の一週間のことを、今でもよく覚えています。
上司の前で泣きまくって、申し訳ない、もう働けないと訴えました。
診断書を出してもらってからは、感情がなくなりました。
義母や義妹、実母がわざわざ来てくれているのに、微笑むことすら出来ませんでした。
洗濯物を一枚たたむのに、10分も20分もかかりました。
まさに、心がはたらかない、そんな状況でした。

3ヶ月経って
6ヶ月経って

いろんなことを考えました。

今、一年が経って、まだ道半ばですがずいぶんと心は軽くなってきています。

これは、仕事を休ませてもらったから、家族がいてくれたから、そのことが本当に大きいのです。

少しずつ、少しずつ。
一年しか経っていない、まだまだ落ち着いてゆっくり仕事に慣れなければならない。

このように考えられるようになったことが、この一年の進歩です。
今までの私の性格ではこんなにものんびりと考えることなんてできなかったでしょう。

「生きてゆく」ということの大きないのちの働きが、このように成長を促してくれたのだと思います。
時間が解決してくれること、ということは、いのちの中にある力がチリのように少しずつ積もっていってくれているからなのではないでしょうか。

[`evernote` not found]
Pocket

“うつ病から一年経って思うこと” への8件の返信

  1. おはようございます!
    今年のこちらでのご挨拶が遅れてしまいました。
    昨年同様どうぞのんびりよろしくお願いします~

    昨夜、寝る前に拝見しました。

    >「生きてゆく」ということの大きないのちの働きが、このように成長を促してくれたのだと思います
    読ませていただいて
    胸が熱くなって、涙が出てきました。
    表現できない心の動きたくさんあるのだと想います。
    ゆっくり自分の時間で進んでいきましょう~
    ほなたりー^^

  2. 大変な一年だったね!
    でも、年は変わった!
    気分一新していこう!

    ということで、参加したければ、そっちでテニスサークルをやっている
    僕の大学時代の友達を紹介するよ。

    そこのサークルも、僕らと同じようなメンバー構成(初心者から上級者まで)らしいよ。
    といっても、こっちほど活動は活発じゃなくて、テニスしてBBQをやって
    のうち、BBQがメインのような活動らしい。

    年末にサークル仲間とうちで集まったときに、少しだけ話はしたから
    たぶん、向こうも快く迎えてくれるはず。
    今度、僕がそっちに行くときにでも、紹介できるように手配しておくね。

  3. @naoppi7 こんばんは!
    今年ものんびりよろしくお願いします!

    自分の中の時間の流れ、というのがようやく少しずつではありますが見えてきた気がします^^
    表現出来ること、しておきたいこと、というのは一度表に出してみると頭の中が少しすっきりしていいものだなぁと思います。
    おっしゃるとおり、できないほうの心の動きのほうが多いのですけれど。
    うれしいコメント、ありがとうございました。
    [tw]

  4. >たなけん
    もう2010年だよ、なんか凄いなぁと思う。
    テニスしたいなぁ。

    5月に二人目が生まれるから、時間の都合をつけるのは難しいけれど、たなけんの友達には会っておきたい^^
    というわけで、こっちにくる!?タイミングで紹介してくれると嬉しい!
    いつもサンキュー。

  5. ちなみに、そこんちは、今月出産予定なり(笑)
    お母さん同士仲良くなれれば、それもいいかも。
    ちなみに、そこんちの奥さんも、ほんわかキャラで
    うちの嫁もお気に入りなので、
    にゃおちゃんの好みからも外れないと思われます。

  6. >たなけん
    おお、そうなのか、めでたいな!!
    いい出会いの予感だね。
    有り難い話で嬉しい!

  7. あけおめ!!

    > 嫌いな仕事を続けていること、さらにその上時間を極限まで削られて子どもの世話もできないということが、心を蝕んでいるのだとずっと思っていました。
    > 一度考え始めた思考は脳裏に焼き付き、どんどんエスカレートしていったように思います。
    > 元々がプラス思考で生きてきたのに、環境の変化を甘く見すぎていたのです。
    > 一度マイナスのスパイラルに陥ってしまうと、もはやそこから抜け出すことは出来ませんでした。

    拘束時間以外は全て、今の自分にあてはまっています(汗)
    加えて、今、担当しているボロボロのシステムは、旧・D○C○M○東○が作ったもの(その辺りも加味されて、私は採用されたのでしょう)で、上司から当てつけのように、嫌味を言われます。
    #管理できなかった自分の非は認めず、何故いつも被害者意識なのだろうか?

    結局、「好きこそものの上手なれ」だし、好きな仕事なら多少、無理しても大丈夫だと思うのよ。俺にとってそれは、通信事業に携わることだが、そうゆう求人は東京にしかないのが実情だな。

    名古屋はトヨタで持っていて、この国は首都圏とその他で構成されていることを地元に戻って実感しました。

      『我事に於いて後悔せず』

    自分のことばかり書いて、すみません。

  8. >むーさん
    あけおめです!

    後悔してもいいんじゃないでしょうか。
    人生50年の時代から80年の時代になって、手遅れってことはないように思います。
    愚痴を聞いてくれる人は必要ですよね!
    はけ口がないと、ウツウツとしてしまうのです。
    そんなときに発散できるという何かがあるのなら、そっちに心のベクトルを大きめにシフトしておくぐらいしか、小さな力でできることはないですもんね。
    地域に腰を据える決断をした我々は、そこで出来ることを考え続けて行かなければならないですね、お互いのんびり行きましょう!!

    自分のことばかり、考える時期が人間には必要なのかもしれません。
    またどうぞー、むーさんのブログたまに見てますよ!
    ことよろです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です