フツーという感覚

フツーという感覚最近ずいぶんと調子がよくなってきたように感じる。
あ、こういうのが普通だったかな、とふと考えることがよくある。

今でもたまに頭痛や吐き気はあるものの、少しずつ集中できる時間も増えてきた。
落ち込みのスパイラルに悩み苦しむことも減った。

まだまだよくなる余地はありそうだが、元通りにはならないのかもしれない、と直感的に思っていた。
生まれながらに病弱な人もいることを思えば、自分は恵まれた立場である。
これからうまく病気と付き合い、生きていくという形を考えていく必要がある。

調子がよくなってきた頃を境に、体調管理を記録していたのを止めてしまった。
こうやってケータイから書く、ということが認知行動療法的に再発を防ぐ一助になるのではないか、というのがモブログをはじめたきっかけである。

出来れば毎日書きたいが、無理は禁物、完璧主義的な発想は控えることにしよう。

あと、文体がおっさんぽくなりがちなので、気をつけたい…。

[`evernote` not found]
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です