リゾ鳴尾浜に行ってみた

最近、日曜日の午後は、次女と二人なので、よく二人で色々と出歩いてます。奥さんと長女は第九の練習があるので、それに向けて毎週練習があるのです。

いつも、家で昼ごはんを食べて、一緒に途中まで行って、自分と次女だけ大阪でぷらぷらしてることが多かったのですが、今日は次女が昼ごはんを食べ終わらず、先に奥さんと長女が出かけてしまったので、とりあえず長女にどこ行きたい?と聞いてみたところ、公園に行きたい、と。とりあえず公園に行って、ひとしきり遊んだらやることがなくなったので、会員になったけどあんまり使っていないタイムズカープラスを調べてみたところ、最寄の駐車場に一台空きが。ということで、とりあえず近場の海に行ってみよう、ということで真っ先にそれっぽい場所ということで、リゾ鳴尾浜に行ってみました。

“リゾ鳴尾浜に行ってみた” の続きを読む

WordPress 4.0 にアップグレード

たまたまIPod touchのSafariでWordPressにログインしたら、4.0がご利用いただけますってことで、二つほどボタンをタップしたらアップグレード完了。

iPod touchで画面キャプチャ撮ってアップして、ブログにこうやって書くところまであっという間に完了。

どんどん便利になっていくね。すごい。

Wp4.0Wp4.0説明

 

 

iMacの電源が壊れたのでHDDを取り出してデータを救済

2008年に買ったiMac (Early 2008) が去年の3月に壊れてしまい(どうやら電源ユニットが壊れた模様)、中に入っていたハードディスクの内容が取り出せないまま、ほったらかしになっていました。

4年半くらいで壊れてしまったので、ちょっと修理するかどうか迷ったのですが、色々調べたり問い合わせたりしたところ、電源ユニット交換は代替4万円くらいかかる、とのことで、それなら新たにmac mini買ったほうがお得、とか考え始めると結局修理しなくっていいやってことで、放置する流れになったのです。(MacBook Airも持ってたし

HDDのデータにしても、写真とかは外付けのHDDで管理していたので、それほど重要なものがあったわけではなく、2008年移行iMacでCDから直に取り込んだ音楽ファイルなどがiMacの中にしかなかったので、音楽データが一部欠けてる状況で、若干不便かなーというレベルでした。

そんなこんなであれよこれよとiMacが壊れてから1年以上経ってしまったので、ええ加減データを取り出そうと、色々と調べて作業したので記録しておきます。 “iMacの電源が壊れたのでHDDを取り出してデータを救済” の続きを読む

ひいおじいちゃんの三回忌

娘たちのひいおじいちゃん(義祖父)が亡くなってあっという間に丸二年。
三回忌の法要に家族で参加しました。遠方の方含め20人以上の方が集まり、故人を偲ぶことができたと思います。

お坊さんが来られて、お経を唱え始めたところ、次女3歳、「なんでおぼうさんが2人おるん?」とお経のみ聞こえる静かな中で爆弾を落としました。お坊さんのすぐ後ろに座っている髪の毛のほぼないそのお方は、故人の長男でございまして、お坊さんではございませんよ。。。隣に座っておられたおじさんと顔を見合わせて笑ってしまいました。

その後1分も立たないうちに、「まだおわらへんのんー」と自由さ爆発。お坊さんのお経のなかで「おい」という言葉が出てきたら、音が気になったのか、「おいおいやって〜」とお経のみ響く静寂な空間に爆弾落としまくりの次女にみなさん、笑いをこらえるのに必死でした。

来年は小学生になる長女6歳のほうは、最後まで大人しく座ってじっと賢くできていました、エライ(^_^)

お経が終わった後、浄土教のお坊さんはこんな話をしてくださいました。
『苦しみのある現世を終えて、仏様となった個人は苦しみのない世界である浄土におられます。しかし、苦しみのない地であっても、再び現世に残っておられる方々といつの日か浄土で再開できる日を願って、浄土で修行にはげんでおられるのです。その修行の助けとなるよう、南無阿弥陀仏を10度唱えるので、みなさんも唱えてください。』

ひいおじいちゃんが亡くなった時、逮夜に通っていた頃のことを思い出しました。南無阿弥陀仏のリズムは、4-4-2と歌のようでリズムが整っています。実際にそのように唱えることで、当時の気持ちや感情を思い出すことが出来るようになっているのでしょうね。
順調に大きく育っていき新しいことを覚えて行く子供達に、またひいおじいちゃんのことをふりかえり話してあげようと思った次第です。

写真は若かりし頃の義祖父と、おじいちゃんっ子だった奥さん。きっとお坊さんのお経をききながら成長したひ孫たちにおおきくなったなぁ〜と言ってくれていることでしょう(^_^)

送信者 In My Life

とっても久々にブログ

前にブログ書いてからもう半年ちょっと経ちました。
2012年は週に一回のペースでアウトプットしていこうと宣言までしていたのに情けない話です。。。
有言実行というのは、やっぱり難しいですね。言い出したら自分もちゃんとやるだろうと思ってのことだったんですけど、なかなかそうはうまく行きませんでした。あんまり数量的な目標は立てない方がいいなぁーと思った次第です。

“とっても久々にブログ” の続きを読む

あっという間に半年

とっても久々にブログ。
iPadから書いてみることにします。

今年は毎週ペースでブログを書くつもりだったのに、4月に異動で仕事が変わってからというものなんだか色々とバタバタしてたら気づけば今で、随分とここも放置することになってしまいました。
半年も経てばたくさん出来事があって、ほんとは色々と書きたいことがあるけれど、とりあえず備忘録のために半年間であった出来事を記録しておくことにします。

  • 4月 異動で仕事ががらっと変更。次女2歳!
  • 5月 仕事の変化が原因で、久々に心調が若干不調に。長女コマなし自転車をマスター!GW終盤より、突如奥さん体調不良で一時動けない状況に。
  • 6月 34歳になる。
  • 7月 奥さん再度体調不良で入院。母親に頻繁にヘルプにきてもらっていたことがきっかけとなり父親と大げんか。
  • 8月 奥さん退院。次女トイレトレーニング成功!長女5歳!
  • 9月 月末で社会に出てちょうど10年に。
  • 奥さんの病気をきっかけに、毎日子供たちを朝夕保育園に送り迎えすることになりました。夏場は特に、2人自転車に載せて大量の保育園の荷物を持っての移動は大変で、これまで仕事にかまけて生活の負担を随分と押しつけてしまっていたんだなぁと痛感しました。8月からは実家のヘルプも全く頼れない状態になり、今思えば毎日気が張り詰めていたような。今では奥さんも以前に比べるとずいぶん回復して、だんだんまた送り迎えをしてもらうことも増えつつあります。とはいえ引き続きあまり負担をかけないようにしなければと思ってます。沢山の病院に通っていますが、あるときぱっと完治する、というような病気なのかもよくわからない状況なので、のんびり構えることが大事です。

    仕事のほうもあんまりうまいこと軌道に乗らず、役割や能力についてとってもモヤモヤすることの多い日々ですが、一日一日前向いて一歩ずつ歩みは遅くとも進んでいかなきゃと想い過ごす今日この頃です。昨日より今日、今日より明日は少しずつでも良くなっていくことを信じて。

    新しいiPadを買った話

    3月も残すところあと一週間となりました。
    また寒さがぶり返してきてなかなか暖かい春、というわけにはいきませんがもう春は目前まで迫ってきています。

    さて、こないだ新しいiPad、買いました。

    二年前の初代iPadはそんなに欲しくならなかったですが、去年iPad2がでたときにやたらと欲しくなったものの発売日近辺がどこも在庫不足で買えず、そのまま買わなかった、というわけでこれまでiPadを持ってませんでした。

    iPadに限らず、タブレット、という市場が新たに出来てるので、Androidの安いタブレットでもいいかなぁと一時期思ってはいたものの、iBooks Authorが出てからは、そのうちiBooks形式のドキュメント作ってみたいなぁと考えはじめてiPadしか目に入らなくなりました。

    ハードウェアに惹かれてモノが欲しくなる、というのがこれまでの時代はスタンダードだったように思いますが、徐々にソフトウェアでハードを選ぶようになってきてるんだろうと感じます。iPadに3とかバージョンを表す数字を付けなかったのも、多少混乱を招きましたがそういうことだろうと感じました。

    画面の綺麗さというのは、確かに凄いです。
    コンピュータの画面がこんな風に綺麗だというのは、想像したこともなかったですが、こうして風穴が空くと、PCの世界でもこれくらいの高解像度のディスプレイがどんどん増えてきて、調達コストも下がって徐々にリーズナブルになるとともに、当たり前の機能になっていくのでしょうね。マルチタッチもそうですが、いつもながら、新しい(わけでもないかもしれない)技術を世界のスタンダードに導いて行くところは凄いと思います。

    このポストも新しいiPadで書いてみました。
    横画面にして普通にキーボード叩いてますが、ようやくちょっと慣れてきた感じです。
    まだまだタッチミスが多いですが、慣れれば十分このキーボードでも長文がかけそうです^^

    こんな感じの見た目で打ってます。

    20120326-054519.jpg

    一年後の世界

    震災から一年が経ちました。
    直接的、間接的に被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

    一年経って、何かを書けるだろうか、と思ったけれど、とても何かうまく表現できる気がしません。
    とはいえ、何かを書いてみることで、そこでは表現できない何ものかが文脈からにじみ出るような感じで、どこかの誰かに伝わればいいなとも思います。

    一年前のそのとき、わたしは大阪で仕事(会議)をしていました。
    ゆっくりでしたが、とても大きな揺れがあり、久しぶりに体感する地震でずいぶん感覚が鈍ってしまっていました。
    会議室から出ることもなく、揺れが落ちついた後、すぐに会議を続けました。

    思えば高校1年生だった阪神大震災のとき、明石で震度7の揺れを経験し、その後も余震の続く毎日を過ごしていたのですが、時間の経過とともに自分の中の危機感も薄れていってしまっている、ということをとても痛感します。
    時間が経つ、ということは、危機感が薄れていく、ということでもあります。
    これは人間の本能的なものでもあろうかと思いますので、意識的な振り返りが必要です。

    今一年が経過して、一年後は今のような状況になっているだろうと、想像している人はいたのでしょうか。
    原発事故に始まった電力の問題、放射能の問題、地域の復興の問題、仮設住宅の問題、解決までにほど遠い問題が山積みになっているように感じます。

    そんな中、震災後、自らの仕事についても考えることが多くなっていました。
    今の仕事をしっかりとやる、ということで、日本の落ち込んだ経済を再び回るための一助になるべき、という想いを持ってこの一年やってはきましたが、やはり自分がやるべきこと、とは少し違うような気持ちもどこかで持ったままです。
    自分が経済的にしっかりし、寄付をすることで被災地の復興にも協力する、という考え方と、自分の生き方について照らし合わせてみたときに、自分の中でしっくりくるような気がするときもあれば、しっくりこないときもあるのです。結論は出ないものの、このまま今の仕事を続けていくことでよいのか、たまに悩みます。

    こういう悩み自体、きっと現地を見ていない、ということも関係しているように、自分の中で思うところがあります。

    これから何年か経って、子どもたちが物心ついて、理解が出来る年頃になったときに、直接子どもたちを連れて現地に行きたいと思っています。
    小学校の修学旅行で、広島に行きました。原爆の被害に遭われた方の口から直接、当時の状況をこと細かに聴きました。そのときのストーリーや内容というのは、今も完全に忘れてしまって自分の頭には残っていませんが、別のものが自分の頭には残っています。その話をしてくれたおばあちゃんの「意識」そのものが自分の頭の中に残っているように思うのです。これは、言葉で語ることはできませんが、とてもとても自分の中で大事なことなんだろうと、そんな風に感じています。源体験、のように自らが体験したわけではないけれど、そこに少し近い何ものかを受け取った、ということなのかもしれません。

    阪神大震災でも、5年や10年は復興の最中でした。
    原発事故のことを考えると、復旧すらままならない状況で、復興を遂げるというのは世代を超えた取り組みになるのだと思います。
    自分の中で今すぐでないにしろ、もっとより人生の一部に、自分に近いものとした動きや行動をしていきたいなと、一年経った今感じています。

    週末、テレビでたくさんの映像が流れていました。
    映像の力は本当に大きなものだと思います。

    家族、親類、友達を亡くされた方、言葉で伝わらないものが、映像を通して、表情を通してとてもダイレクトに、心に響いてきます。
    数えきれぬほどの方が、このような想いをもたれた、ということは、本当に言葉にできません。

    私の経験した病気も似たようなところがあるかもしれませんが、実際にその場にいて体験をした、ということと、映像を通して疑似体験した、ということは、天と地ほどに違いがあって、よく「風化」と言いますけど、そのスピードも桁が違うと思います。
    ですので、まず自らを「風化」させずにいるための策について、しっかりと考えていきたいと思います。

    テレビなど映像からプッシュされてくるもの、だけでは不十分です。
    自らがプルし続けることで、自らの意識を持続し続けることができるものと思います。

    書いてみて、予想通りまとまりはないものの、引き続き、震災により向き合って生きていきたいと想いを強くしました。

    iPod Touch と Apple TV をアップグレード

    iPadを今回こそは買おうと思っております。
    新しいほうのiPadです。

    Retinaディスプレイがどんだけすごいのかは、iPhone持ってないのであんまりよくわかりませんけども、うちの32インチのリビングのTVよりも解像度がすごいとか、1080pのFull HDでビデオが撮れるとか、ちょっと考えただけでますます欲しさが増してくるのであります。

    で、今日の朝、昨日の夜中の出来事をスマートフォンで眺めながら通勤してました。
    確か前のAppleの大きなイベントのときは、まだスマートフォン持ってなくて、Twitterでテキスト情報からいろいろ想像するレベルでしたけども、やっぱりスマートフォンだと写真だとか、普通にPC用のサイトも見れたりと、移動時に得られる情報としてはだいぶたくさんになってるのを実感しました。

    ところで、新しいiPad発表の際に、Apple TVの新しいリリースがあったようで、こちらも1080pに対応とか。とはいっても、我が家のリビングのTVはフルハイビジョン対応してないのです。インターフェースは一新ということで、早速うちに帰ってからバージョンアップしました。そんで、クックCEOのイベントのムービーが見れる、という、これまた便利な。これから英語の勉強がてらちょびちょび見ようかと思っております。

    この辺り、androidからは見れないので(どこかにyoutubeが転がってそうですが)ちょっと不便です。

    後、siriが日本語にも対応ってことで、長女にあげた iPod TouchのiOSを5.1にこれまたバージョンアップ中です。
    このiPod Touchで写真を撮る、というのに長女4歳も少し慣れてきたらしく、撮った写真をiCloudを使ってApple TV経由で見ると、結構いろいろ撮っていて、とても面白いです。

    siriと会話する長女というのも、想像するに面白い。
    デジタルデバイスに慣れるというのが、子供にとっていいことなのかどうなのか、いまいちまだよくわかりませんけども、やっぱりiPadは欲しいなー、と改めて思うのでした。

    <追記>
    SiriはiPod Touchでは使えないんですって・・・。
    脱獄すれば使えるようですが、とても残念。。。