ばあちゃんの誕生日パーティー

ばあちゃん(私の実母)が明日68歳になるので、誕生日のお祝いをしました。
奥さんの入院もあって、日曜から助っ人として来てくれていましたので、ちょうどこのタイミングに、ということで今日は仕事帰りにサプライズでケーキを仕入れて帰りました。

From 11/12/14

長女が風邪気味だったのと、奥さんも退院したてで仕事も年内お休みいただいていることもあり、子どもたちは今日は保育園をお休みにし、ばあちゃんとママと楽しく過ごしたようです。
ばあちゃんへ「おたんじょうびおめでとう」を画用紙に書いてあげていました。
少しずつ、ひらがなも書けるようになってきているのですが、今回は気合をいれて時間をかけて取り組んだとのこと、とても上手に書けていました。
文字できちんと手紙を書く第一号だそうで、もらうばあちゃんが隣で見てくれているということでとても張り切ったのだそうです(^^)

3年前は自分が転職して関西に戻って来たばかり、仕事も猛烈でアップアップしていた状態でしたが、おととし、去年、今年とバースデー関連のイベントは結構ちゃんと開催できていて、とても子どもたちの感受性の成長という意味でも良いと感じています。

今回は、次女が1歳7ヶ月で少しずつ物事を理解し始めているということと、保育園でバースデーソングの遊びをしていることもあって、ケーキ登場の場面で面白い表情を見ることが出来ました。
サプライズで部屋を暗くして、ろうそくをともしたバースデーケーキ入場、私と奥さんと長女でバースデーソングを歌い始めると、次女は口ポカン、まばたきせず、という状態で、とても不思議な空間に、あたたかい雰囲気を肌で感じ取っているかのようでした。

あー、この表情、ビデオ撮っとけばよかったなー、というのも後の祭り。
この顔を、頭に焼き付けてしっかり覚えておきたいと思うのでした。

明日には実家に戻るばあちゃんは、とても喜んでくれて、こうした与えることによる喜びをもってして、自分自身にとっても、家族にとっても、また明日への活力が湧いてくるのだなぁと、つくづく思います。

仕事やら生活やら少しドタバタが続いてしんどい時期でしたが、とても素敵なひと時を過ごして元気をいただいたようです。いつもながら家族には感謝。

次女、断乳、発熱、言葉

From In My Life

次女が1歳6ヶ月にして、断乳をしました。
長女の時は1歳9ヶ月でこんな感じでしたが、次女についても同じように言葉がはっきり理解できるようになってきたので、まず言い聞かせです。(もうあかちゃんは卒業と)

次女は長女にもましてかなりのおっぱい星人だったので、今回はいっそのこと顔を書きましょう、と奥さんと決めました。桶谷に以前からお世話になっていましたので、そこでやり方や注意すべきポイントなどは聞いていました。

いざ実行、となり実際に最後のおっぱいを保育園から帰った夕方に飲ませてから、夜風呂に入り、寝る時間です。
いつもならおっぱいを飲みながら眠りに付くのが当たり前の次女、ここで顔の登場!

・・・猛烈に泣きました。
とても怖かったようです。少しかわいそうだねと奥さんと話しました。
インパクトが強すぎたせいか、言葉で「おっぱい!」と要求することは全くなくなりました。
ただ、やっぱり眠れないので、ストローつきのマグにお茶を入れ、口寂しいのをカバーしています。ちょうど2週間ほど経った今でも、ちょっと夜中目を覚まして泣いては、お茶を飲んで落ち着くのだそう。(私は夜は爆睡しちゃうので気付かず)

顔のインパクトは本当に強烈だったようで、その後1週間ほどはしばらく私が早く帰るようにして、風呂に入れました。奥さんが風呂場に近づくと、くっついていた次女はあわてて逃げ出しました。やっぱり顔を書いたのはちょっとかわいそうだったかな、と思いつつも比較的スムーズにやめられたことを思うと、これでよかったのだろう、と感じています。

三日前からそんな感じで色々疲れも出ていたのかもしれません。38度後半くらいまで発熱して、二日間寝込みました。(といっても子どもは動き回りますが)
長女が小さいとき、風邪ひくとよく後々まで引きずっていたので、今回も長いかもなーと思っていたところ、あっという間に二日で完治。今日は保育園に行ってきた、というのでびっくりです。

ついでに次女の近況ですが、言葉の理解は進んでいるものの、言葉を発するほうは長女の時よりはスローペース。長女がしゃべりすぎだった感もありますが、ようやく次女も単語をよくしゃべるようになってきました。

断乳の少し前あたりには、「ねえちゃん!」と言えるようになり、長女はとても照れてうれしそうにしていたのが印象的でした^^
姉妹力アップで、パパとしてもまた娘たちへの溺愛レベルアップです^^;

後、このところしゃべれる言葉を記録。
「ぺぺ」「あーむ」食べるの意
「にゅうにゅう」飲むの意
「~がいい」欲しいの意、これだけ組み合わせて二語文が使えます
 例:ぺぺがいい、にゅうにゅうがいい
 (~がいい、というのはねえちゃんの真似)
「アンパンマン」
「アーピンマン」ばいきんまんの意
「ママ」
「パパ」
「ねえちゃん」
「ばあちゃん」
「じいちゃん」
「せんせー」(保育園の先生がとても喜んでくれたとか)
よくしゃべる長女に対し、少し発言は控えめです。

この調子ですくすくと健康に育ちますように。

長女、4才。

先週、長女は4才になりました。
なんだか時の過ぎるのはとても早く、日常のバタバタの連続の中でも、いつの間にか結果がついてくるってな感じがします。

いつも子供の成長の節目にはなにか(ブログなどを)書いているので、そのときどきの自分の想いを振り返ることができます。
結構いいかげんなので、そのときどきに考えていたことをコロッと忘れてしまっていることが多くて、こういうタイミングで振り返って自ら書いたものを読むにつれ、いろいろ考えてたんだなーとか、前の方が考え方がしっかりしてんじゃないかとか、ちゃんと記録しといて良かったとか、いつも想うのであります。

3才から4才にかけて、長女はやっぱりたくさんのことが出来るようになりました。それまでと比べると、劇的に何かが進化する、みたいな感じではないけれど、ひとつひとつ、今まで出来るようになってきていたこと、が着実に上手になってきているような、そんなかんじです。(歩く、走る、ジャンプする、泳ぐ風な動き、箸を使う、絵をかく、塗り絵する、などなど)

お姉さんとしてもずいぶんこなれてきた感じで、理不尽な妹からの攻撃に泣くばかりだったのが(今でもそういうときは多いものの…)今では二人だけで仲良く遊んでいることも多々見受けられます(^-^)

父親としてもこれで五年目に突入。仕事が忙しいときにしょうもないことでずいぶん子供に怒ったりしてしまうことがあったりと、まだまだダメダメなところも多いですけれど、子供と共に沢山成長していければなーと素直に感じています。

家族四人で少しずつ成長していく、成長していっている、というこの感覚が、なんだかとっても大切なもののようにふと感じました。 この感覚を大事に育てて行きたいと想います。

From In My Life

33歳になりました。

今日は仕事が遅くなる想定だったんですけども、なんだかうまく帰れる感じになったので、家族の顔が見たいってことではよ帰りました。遅くなる予感を伝えていたので、奥さんは長女を朝叩き起こして、娘と一緒に書いてくれた手紙を渡してくれていました。3歳なので、手紙の概念も文字というのがどういうものなのか分かった上で、「パパ」の文字をひとりで書いてくれたものでした(^^)
大切に保管しようと思います。

ところで、今年も何人かがおめでとうのメールをくれました。自分は人の誕生日に対しておめでとうメールをほとんどしたことがないくらいなので、とてもとても有り難いことと感謝しています。
インターネットの向こう側で知り合った方々も、何人かおめでとうを伝えてくださいました(Twitter, Facebook, etc)

33歳になって、長女は3歳でおしゃべりしまくり、次女は1歳で歩き出し、なんというか、父親4年生としてとても成長させてもらっているなぁとしみじみ感じます。

人間は成長し続けることのできる存在というのは、とても強く感じます。

息抜きをする、自分を客観的によいバランス(精神的にも肉体的にも)に保つ、ということを前提にした上で、人とのつながりを重視し(リアルな場でもインターネットを通したコミュニケーションスペースにおいても)よりよい方向へ、場自体が進化していけるように、努力し続け、成長していきたいなぁと思います。

「個」が所属している、それぞれの「場」の中で、全体を見ながら、強調し自らを強化していく、その結果として「場」が強化される、という感覚であり、それを所属する全ての「場」(仕事場、家庭、実家、地域的なコミュニティ、等々)でうまくバランスとって進められるようにする、という感じのイメージです。

というようなことを、ぼんやりと考えていて、もっとうまく伝えられるようにちゃんと実践していきたいなー、と思っています。

三十路街道もそれなりに楽しくなってきたところ、33歳も楽しく生きていきます(^^)

次女、1才。

GWに入る前に、次女は1才を迎えました。
ブログを振り返ってみていたら、長女のときは2才になったときも3才のときも何か書いていたので、遅ればせながらではありますが今想うところを。
(1才のときは、mixiのほうにでも書いてるのかなーと思い、ざっと振り返ってみたところ、仕事が忙しいとやらで特にコメントは残していなかった模様。今考えれば、悪い方向へ突っ走って行く兆候だな。)

1才になるちょっと前に、一度すくっと立って一歩歩いたことがあったんですが、その後1才になるまで、全くつかまらず立つという気配も、つかまり立ちからも足を出すという仕草もなくなっていました。1才の誕生日が過ぎて、GWに実家に帰ってじいちゃんばあちゃんに遊んでもらったりとするうちに、思い切りが出たのか、一挙に歩けるようになりつつあり、今日は2mほども歩けるようになりました。

じぶんであるける

そういう感覚が、とっても楽しいのでしょう、見るからに満面の笑みでよちよちと、一歩、また一歩、手がパーの状態で歩いているのを見るに、とても長女の歩き始めた頃を思い出します。

次女は成長していく中で、長女の面影や記憶を呼び戻してくれるとともに、全く性格や行動が異なる一面も見せてくれることも多く、とてもとても日々が楽しいものとなっています。生まれて初めのうちは、4人の空間がなかなか飲み込めなくて、初めっから長女のときほどベッタリじゃなかったけれど、徐々に徐々に、おねえさんとしての長女の役割、長女と次女という二人の子を持つ父親としての役割、みたいなものが芽生えていって、今では二人とも正直ベッタリです(笑)
片目ずつ目に入れても痛くないでしょう(笑)

これから、徐々におしゃべりが出来て行くようになって、姉妹に会話が生まれるようになると、にぎやかでとても楽しい空間ができることでしょう。今からとても楽しみでなりません。

二人がこれからも健やかに育ちますように。
奥さんへの感謝を込めて。

次女、保育園に入園

この4月から、次女が保育園に入園しました。
もうじき1歳になります。あっという間です。

日に日にできることが増えていくのですが、長女のときとは異なり、どんなことができるようになっていくか、ということが頭の中に入っているものですから、この一年というのは、驚き、というよりも、記憶の呼び返しによる、微笑み、といった感じが多かったように思います。

長女が1歳までに教えてくれたこと、次女が1歳までに教えてくれていること、大小さまざまありますけれど、共通するのは、生きる力がみなぎっている、ということです。
全力で泣いて、やりたいことに夢中、ごきげんなときは大笑い。

3歳の長女は、自我をある程度コントロールしなければならない局面が出てきたりと、また別の成長はありますが、そもそもの生きる力というやつは、やりたいことに夢中なとき、いやなことにおお泣きしているときにとてもはっきり見えるものだと思います。

ああ、こんな風に生きたいなぁと思うことが最近多々あります。

常に頭の片隅に何かがある状態では、なにをやるにでも集中が続かないですよね。
目の前に夢中、そういうのにとてもあこがれる今日この頃です。
きっとそういうとき、はたからみるとキラキラと輝いて見えることでしょう。

Posted using Mobypicture.com

ひいじいちゃんのバースデーを祝う

先週末、奥さんの祖父(娘たちのひいじいちゃん)が82才を迎えたので、奥さん家ファミリーでバースデーパーティーをしました。

Posted using Mobypicture.com

奥さんの妹企画で、舞子ビラの中華でのパーティー。
雨でしたが、視界よく明石海峡大橋が見えました。

Posted using Mobypicture.com

ひいじいちゃんは今年ガンで手術をしたりと大変だったのですが、落ち着いて今はとても顔色もよく、ファミリーに囲まれ、美味しそうに食べる姿がとても印象的でした。

関西に戻ってきて、こうした家族イベントをひとつ、ひとつできるということはとても幸せなことです。
つどつど、その重みと喜びを感じることがとても大切だなと想います。

ひいじいちゃん、ひいばあちゃんは長女が生まれたあたりから、曾孫の話ばっかりしてくれているそうで、娘たちにもその愛は十分に伝わり、元気に育っています。

Posted using Mobypicture.com

Posted using Mobypicture.com

写真は最近買った iPod Touch 4G で撮ったもの。思ったよりきれいにとれるので気に入っています^^

長女、3才の誕生日。

3年前にこの世に生まれてきたうちの可愛いちびっこが、本日3才を迎えました。

なんだか3時半の次女授乳のタイミングで、ふらっと起きてしまって、3年前も深夜の奥さんの破水で起きたんだったなぁと、色々考えていると、今日はそのまま朝から目が冴えてしまいました。

3年前の夏、東京で長女は生まれましたが、とても暑い夏でした。
あまりにも暑い夏だったから、夏生まれのシンボルみたいなものを名前に入れておきたかったというのと、あと色々考えた末に、「海」という字を入れました。

そんな色々を思い出し、今日の3才。

2才は「魔の2歳児」というだけあって、奥さんも自分も結構手こずっていました(今でもですが)
自我が芽生えたようで(このへんは男の子より成長が早い感じがします)、親のして欲しいことを確実に拒否することが増えてきました。
ご飯をちゃんと食べるとか、夜寝るときに静かにするとか、そういう基本的なことを躾したいと思うのですが、なかなか本人が頑固で一度「イヤ」と思ってしまうと意固地な対応になります。
結果、親が怒って子供は泣く。場にイライラが募る、みたいなよく聞く子育ての大変さみたいなパートに突入です。

もちろん、楽しいことはたくさんあって、集中して楽しいことに打ち込んでいるときの姿と言ったら、本当にいとおしくてたまりません。
妹が生まれて、おねえちゃんになった、ということでも、妹に対する深い愛情をいつも見せてくれるので、とても頼もしく、優しく育っています。

どうしても論理的な思考が出来るようになってきたために、逆にもっと出来るだろうと親が思ってしまうところがあって、怒ることが増えてしまっているようにも思います。その分楽しい時は一緒になって楽しんであげる、いいことをしたときは褒めまくってあげる、を頭には入れてるつもりですが、なかなか難しいです。

そんなこんなで、親としても3年経って、4年生を迎えました。
親も少しずつ、親らしくなっていくわけで、過去自分の書いたものとかを見てみても、それなりに成長できているなぁと思います。
自信もつけながら、一歩一歩、家族のパパとしての役割をしっかり果たして行きたいなぁと再認識する次第でした。

Posted using Mobypicture.com

あっという間に3才、これからも一日一日の成長を楽しみに過ごしていきたいと思います。

長女の成長記録はこちら(月イチ成長写真)

次女、お食い初め(生後100日目)

今日は年休とってお祝いモード。
朝から奥さんの実家側のゲストの面々が来て、お祝いです。

ケンミンショーで大阪ではタコでお祝いするという話を聞いたらしく(今日いる人が誰も知らないところがアレですが)さっそくタコも丸ごと茹でて用意し、タイは明石の魚の棚にある魚秀さんから注文しました。

結構ゴージャスに。

Posted using Mobypicture.com

お約束のペロリとひとなめして、あと食べるのは長女に引き継ぎ^^
タコが大好きで、食べまくってました。

夜は、おそろいパジャマ。

Posted using Mobypicture.com

長女は、次女が生まれてから、気になって寝れなくなった時期もあったけれど、今は前ほどひどくはなく、睡眠もそれなりに取れている感じです。(私が遅い日とか翌日休みの日はついつい遅くまで起きてしまうことがあるけれど)
姉妹の絆は100日経って、深まっていくなぁと微笑ましい限り。

次女は、奥さんの母乳の出が良いためか、とてもよくミルクを吐きます。
たぶん、吸収できる分は全部吸収して、残りをケポケポ吐き出してるのかも。
おかげで7kgを超えました^^;
母乳の出が良いのも、長女が頑張ってくれたからです(長女の時は混合からスタート。桶谷に通って奥さんも頑張りました)。
すくすくと育っていく姿は、とても微笑ましく、顔を覗き込んだらニヤニヤしてしまいます。
それを見て、次女もニッコリ。とてもよく笑うようになりました^^

喃語も出てくるようになりました。長女に続きおしゃべりになる予感^^;

これからも、姉妹仲良く、すくすくと育っていって欲しいなぁ。

お宮参りに行ってきたときの話

少し時間がたってしまったけど、2週間ほど前に次女のお宮参りに行ってきました。

次女の誕生から2ヶ月ほど経ったとき、奥さんが突発性難聴に罹ってしまい、日々の通院など結構大変だったので(ビタミン剤の点滴や状況の統計的な記録が必要のため今でも毎日通院していますが)なかなかお宮参りにいく機会がなかったのです。

とはいえ、3ヶ月というと首も据わる時期なので、3ヶ月になる前にちょっと行っておこう、ということで近所の神社にお宮参りをしてきました。戌の日については加古川の日岡神社というところに行ってきたのですが、遠くて体力的にもきついということで近所に。

祝詞をあげてくださっている間、二人ともおとなしくできました。長女は前回の七五三のときに、祝詞をあげてくれる宮司さんに「おっちゃんようしゃべるなぁ〜」とぼそっとつぶやいて、こちらは笑いをこらえるのに必死だったのですが、今回はほとんど何も言わずともじっと静かにできていました。これもまた感動です。次女はキョトンと様子をうかがっていました、泣くこともなく。

次女は一連の祝詞などの中で、額に「小」という字を書いてもらいました。
男の子は「大」なんだそうです、長女の時は書かなかったので、不思議な感じ。

Posted using Mobypicture.com

ちなみに長女は東京にいたときにお宮参りしたので、水天宮に行きました。
その時のことも、たくさん思い出しました。あの時も暑い一日でした。

親として願うことはひとつ。この調子ですくすくと育って欲しいということのみです^^