月に一冊の絵本プレゼント、その後

長女が3歳の誕生日を迎えたときに、月に一冊絵本をプレゼントする、というのを始めました。
その後、それなりに続けてきたけれど、一年経って、一旦区切りをつけておしまいにしました。
続きで買った本と、「毎月本屋さんに行って選ぶ」、ということで見えたことを記録しておきます。

東京で子どももいなかった頃は、ちょくちょく本屋には立ち寄ってましたけれど、子どもが生まれてからはなんだかんだとドタバタして、あまり本屋に行くことが無くなっていました。
長女は早々にしまじろうを始めたということでそっちから本が届いたり、保育園でも月に一冊ずつ本(月刊誌)をいただくこともあって、特に自分で本を選んでプレゼントする、という機会が比較的少なく、なんかのイベント(クリスマスなど)に限られた感じでした。
そんな状況の中、3歳になって色々と好みも出てきた長女に、月に一冊絵本をプレゼントしてみよう、と考えたのが3歳になった日、まさに思いつきでした。

実際に本屋に足を運ぶようになって、絵本のコーナーというのは、結構色々考えて構成されてるんだなぁということがよくわかりました。
季節季節のイベントを感じ取れるような、その時々にあった絵本がディスプレイされていて、かつ定番本、というのと比較的新しいたぐいのものというのも並べなきゃいけない、という感じ。
絵本自体は、自分が子どもの頃からあるような定番本がやっぱり売れ行きが良いのでしょうけれど、絵本作家を増やしたり、循環させて行くような仕組みとしては、それなりに店舗に並べなきゃならない。
ビジネス本なんかと比べると、定番本の比率がきっととても高いんだろうなぁと思います。

それで、その折々に、自分の子どもにあったものを選ぶ訳ですけれど、これがとても親にとっては大事なこと、のように感じました。
ある月にはトマトを一緒に育てたことを思い出してもらおうと、トマトの本。一緒に海に行ったことも思い出せるように、海に関連する本。
或いは、逆に絵本の方から、日常の生活のときに絵本の話をもちだしてあげるとテンションが上がったりします(デパートに行ったときに100かいだてまで登ろうとか)

という訳で、親子のコミュニケーションのためのモノとして本を見るととてもよい効果が沢山あったのですが、保育園に行っているのとしまじろうの本を最近読む時間がなくなってるということもあり、この上既にだいぶ増えてきた絵本をさらに増やすというのもどうだろうか、と思い立ったので、ここらで月イチ、という縛りをやめることにしました。

前回の続きで買った絵本は

2011年2月

自分で選ばせてみたら、やっぱりこういうのに・・・^^;
これもひとつ勉強になりました。

スイートプリキュア♪ シールあそびえほん (たの幼TVデラックス 252)
スイートプリキュア♪ シールあそびえほん (たの幼TVデラックス 252) 講談社

講談社 2011-02-05
売り上げランキング : 13092

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年3月

夜寝付きが悪くて、なかなか手こずっていた頃、買ってみました。
音が気になって眠れない、というのに共感を覚えたようです。

おやすみなさいの おと (講談社の創作絵本)
おやすみなさいの おと (講談社の創作絵本) いりやま さとし

講談社 2008-01-15
売り上げランキング : 338729

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年4月

「おおきくなるっていうことは、じぶんよりちいさいひとにやさしくできるってこと」
この本はとても好きな本です。

おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち)
おおきくなるっていうことは (ピーマン村の絵本たち) 中川 ひろたか 村上 康成

童心社 1999-01
売り上げランキング : 8113

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年5月

絵本の中にキラキラした素材が使われている部分があって面白い本。
ものの取り合いによくなる時期なので、とても共感できたみたい。

ごめんね!
ごめんね! ノルベルト ランダ ティム ワーンズ

ブロンズ新社 2010-12
売り上げランキング : 35792

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年6月

なっちゃんのふしぎな傘のおはなし。
とてもやさしいストーリーがお気に入りだった模様。

ちいさなきいろいかさ (きんのほしストーリー絵本)
ちいさなきいろいかさ (きんのほしストーリー絵本) もり ひさし にしまき かやこ

金の星社 1971-02
売り上げランキング : 265385

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年7月

保育園で借りてきたくろくんの絵本が気に入ったようで、くろくんシリーズのこれにしました。

くろくんとなぞのおばけ (絵本・こどものひろば)
くろくんとなぞのおばけ (絵本・こどものひろば) なかやみわ

童心社 2009-07-15
売り上げランキング : 17800

Amazonで詳しく見る by G-Tools

2011年8月

100かいだてのいえ、は前々からずっと欲しかったけれど、長女の成長が追いつくぐらいまでずっと待っていました。
とても大事に、毎日少しずつ読んであげました。
数字を数えるのにも興味を持ってくれたようで、とびとびで50くらいまで数えられていたのですが、100までしっかり数えられるようにもなりました^^
そのうち、ちか100かいだてのいえ、も買おうと思っています。

100かいだてのいえ
100かいだてのいえ 岩井 俊雄

偕成社 2008-05
売り上げランキング : 1734

Amazonで詳しく見る by G-Tools

月イチの絵本はおしまいにしたけれど、イベントごとにまた絵本をプレゼントしていきます。
読んであげている時間、というのがとても大切で素敵な時間ですよね。

次女、保育園に入園

この4月から、次女が保育園に入園しました。
もうじき1歳になります。あっという間です。

日に日にできることが増えていくのですが、長女のときとは異なり、どんなことができるようになっていくか、ということが頭の中に入っているものですから、この一年というのは、驚き、というよりも、記憶の呼び返しによる、微笑み、といった感じが多かったように思います。

長女が1歳までに教えてくれたこと、次女が1歳までに教えてくれていること、大小さまざまありますけれど、共通するのは、生きる力がみなぎっている、ということです。
全力で泣いて、やりたいことに夢中、ごきげんなときは大笑い。

3歳の長女は、自我をある程度コントロールしなければならない局面が出てきたりと、また別の成長はありますが、そもそもの生きる力というやつは、やりたいことに夢中なとき、いやなことにおお泣きしているときにとてもはっきり見えるものだと思います。

ああ、こんな風に生きたいなぁと思うことが最近多々あります。

常に頭の片隅に何かがある状態では、なにをやるにでも集中が続かないですよね。
目の前に夢中、そういうのにとてもあこがれる今日この頃です。
きっとそういうとき、はたからみるとキラキラと輝いて見えることでしょう。

Posted using Mobypicture.com

父親の育児と仕事

長女が生まれて、3年以上が経った。
父親としても四年生まっただ中。
一般的にみたら随分積極的に育児参加してくれていると奥さんは言うけれど、その「一般的」というヤツにとても違和感を感じる。

前の会社には良きパパの先輩が周りにいたからなにも感じなかったけれど、今の職場では例え子どもの話になったとしても、決して「子育て」の話にはならないんだという事に気付いてしまった。

きっと今の仕事に対する後ろ向きな気持ちはそこによるところが大きい。
仕事自体にはそれほど文句もないのかもしれないけれど、余りにも考え方自体が異なる人たちと一緒に仕事をするということに、疲労が溜まるのだろうなと感じる。
仕事に対する充実感は、内容はもちろんのことだけれど、どんな考え方の、誰とするか、という事が非常に大きいように思う。

何かを変えられるとしたら、何が変えられるだろうか。今いる場所には、きっとここにいる意味がある。病気にまでなってこの場所にとどまっているという事実、ようやく何かを考える時期が何となくやってきたような気がするのだ。

少しずつでいい、何かを変えられるように、一歩ずつ進んで行きたいと思う。
仕事をする上において、父親であるという視点は、必ず何かを生み出すきっかけになりうるのではないだろうか。

笑顔

最近なんだか次女が笑ったときに、長女のちっちゃいころに似てるな〜と感じることが増えてきたので、写真を掘り返してみた。

似てるんだけど、ちがう。
ちがうんだけど、似てる。
そんな感じ。

こちらは、最近の次女。

Posted using Mobypicture.com

こちらは、小さい頃の長女。

Posted using Mobypicture.com

笑う、という表現は、この世に生まれ出てからのちびっこたちにとって、泣く、というカタチより後からやってくるモノだけれど、もったいつけてる分だけ、しあわせを沢山運んでくれるのだろうね。
笑顔の絶えない空気を我が家に。
そういう努力は惜しまぬように。

長女、3才の誕生日。

3年前にこの世に生まれてきたうちの可愛いちびっこが、本日3才を迎えました。

なんだか3時半の次女授乳のタイミングで、ふらっと起きてしまって、3年前も深夜の奥さんの破水で起きたんだったなぁと、色々考えていると、今日はそのまま朝から目が冴えてしまいました。

3年前の夏、東京で長女は生まれましたが、とても暑い夏でした。
あまりにも暑い夏だったから、夏生まれのシンボルみたいなものを名前に入れておきたかったというのと、あと色々考えた末に、「海」という字を入れました。

そんな色々を思い出し、今日の3才。

2才は「魔の2歳児」というだけあって、奥さんも自分も結構手こずっていました(今でもですが)
自我が芽生えたようで(このへんは男の子より成長が早い感じがします)、親のして欲しいことを確実に拒否することが増えてきました。
ご飯をちゃんと食べるとか、夜寝るときに静かにするとか、そういう基本的なことを躾したいと思うのですが、なかなか本人が頑固で一度「イヤ」と思ってしまうと意固地な対応になります。
結果、親が怒って子供は泣く。場にイライラが募る、みたいなよく聞く子育ての大変さみたいなパートに突入です。

もちろん、楽しいことはたくさんあって、集中して楽しいことに打ち込んでいるときの姿と言ったら、本当にいとおしくてたまりません。
妹が生まれて、おねえちゃんになった、ということでも、妹に対する深い愛情をいつも見せてくれるので、とても頼もしく、優しく育っています。

どうしても論理的な思考が出来るようになってきたために、逆にもっと出来るだろうと親が思ってしまうところがあって、怒ることが増えてしまっているようにも思います。その分楽しい時は一緒になって楽しんであげる、いいことをしたときは褒めまくってあげる、を頭には入れてるつもりですが、なかなか難しいです。

そんなこんなで、親としても3年経って、4年生を迎えました。
親も少しずつ、親らしくなっていくわけで、過去自分の書いたものとかを見てみても、それなりに成長できているなぁと思います。
自信もつけながら、一歩一歩、家族のパパとしての役割をしっかり果たして行きたいなぁと再認識する次第でした。

Posted using Mobypicture.com

あっという間に3才、これからも一日一日の成長を楽しみに過ごしていきたいと思います。

長女の成長記録はこちら(月イチ成長写真)

長女、初めての海水浴

一昨日、長女を連れて実家の近くの海水浴場に行ってきました。
林崎の松江海岸というところで、瀬戸内海の穏やかな波、遠浅でバッチリ子供向けでした。


大きな地図で見る

昔何度かいった記憶がありましたが、打って変わって海の綺麗なこと。
昔はもっと瀬戸内海って真ミドリな海のイメージでしたが、沖縄あたりの南国かと思ってしまうくらい、綺麗なビーチでした。

Posted using Mobypicture.com

海の方から見ると、こんな感じです(木が立ってる辺りはBBQスポットになってるみたいです)

Posted using Mobypicture.com

魚も見つけました!
なんかの稚魚みたいで、2,30匹の群れで泳いでいるのを発見。
(下の方に一匹写ってるのがわかるかな?)

Posted using Mobypicture.com

肝心の長女、最初は波打ち際でビビってしまい、中には入らないと言い出す状況。
遠浅なので抱っこしてちょっと間様子を見るものの、すりむいた膝が痛いと言い出して一旦上がりました。
(多分そんなに痛くなかったんだろうけど、岸に上がりたい言い訳に使っていたと思われ、なかなかカシコイ手を・・・)
波打ち際で、なんとか海に興味を持たそうと、足を埋めてみて波が砂をさらってくれるよー、みたいにして遊んでいたところ、ちょっとずつノリノリに。

ワカメが浮いてたので、あれいつも食べてるワカメやでー、と教えてあげると、そのあたりから怖さが抜けたのか、ワカメ狩りのスタート!
ギャハギャハ言いながら、ワカメ集めて笑っていました^^
自分から海の中へも入っていったので、楽しい時はホント夢中なんだなーと関心しました。

Posted using Mobypicture.com

そんなこんなで1時間ほど海にいて、上がったあとは、定番のアイテム、かき氷。
出てきたら超ビッグでびっくりしました・・・。

Posted using Mobypicture.com

名前に海が入っている長女、初めての海水浴で海を好きになってくれたようで、とても嬉しかったとともにホッとしました^^
次女が小さいので、奥さんと次女は留守番でしたが、来年は家族で海水浴デビューしたいな、と思います。
あー楽しかった^^

久々の海、2時間もいないからと手抜きで日焼け止め塗らなかったので、背中がびっしり真っ赤っか、今でもヒリヒリしてますが、それも楽しみの一部。(もちろん長女はバッチリ日焼け止めしてたけど)

次女、お食い初め(生後100日目)

今日は年休とってお祝いモード。
朝から奥さんの実家側のゲストの面々が来て、お祝いです。

ケンミンショーで大阪ではタコでお祝いするという話を聞いたらしく(今日いる人が誰も知らないところがアレですが)さっそくタコも丸ごと茹でて用意し、タイは明石の魚の棚にある魚秀さんから注文しました。

結構ゴージャスに。

Posted using Mobypicture.com

お約束のペロリとひとなめして、あと食べるのは長女に引き継ぎ^^
タコが大好きで、食べまくってました。

夜は、おそろいパジャマ。

Posted using Mobypicture.com

長女は、次女が生まれてから、気になって寝れなくなった時期もあったけれど、今は前ほどひどくはなく、睡眠もそれなりに取れている感じです。(私が遅い日とか翌日休みの日はついつい遅くまで起きてしまうことがあるけれど)
姉妹の絆は100日経って、深まっていくなぁと微笑ましい限り。

次女は、奥さんの母乳の出が良いためか、とてもよくミルクを吐きます。
たぶん、吸収できる分は全部吸収して、残りをケポケポ吐き出してるのかも。
おかげで7kgを超えました^^;
母乳の出が良いのも、長女が頑張ってくれたからです(長女の時は混合からスタート。桶谷に通って奥さんも頑張りました)。
すくすくと育っていく姿は、とても微笑ましく、顔を覗き込んだらニヤニヤしてしまいます。
それを見て、次女もニッコリ。とてもよく笑うようになりました^^

喃語も出てくるようになりました。長女に続きおしゃべりになる予感^^;

これからも、姉妹仲良く、すくすくと育っていって欲しいなぁ。

保育園の日常と成長ぶり

今日は午前中、保育園の保育参観がありました。

ちょうど一年前に同じように参観に行った時のこと。
室内でのいつも通りの遊びを、窓の外から親たちがそっと確認するはず、のところ、あっという間に子供たちに見つかって、あとは泣きわめき大会^^;
うちの子は特に甘えて泣きべそかいてしまって、ずっと奥さんの膝にのりっぱなしの保育参観でした。

今年は天候にも恵まれ、外遊び。
親が境界線の外からみているという状況は、子供たちにも一目瞭然なので、事前に長女に伝えておきました。
「明日はパパとママとばあちゃんと、妹ちゃんで見に行くからね〜」
「朝はパパが保育園に自転車で連れて行ってあげるからね〜」

自転車で連れてく時は、ご機嫌でアンパンマンの歌を歌いながら保育園に到着したんだけれど、預ける瞬間は「はっ」とした感じで、膝の上に座ってぐずりだしてしまいました。まだまだ甘えたさんです。先生に抱っこしてもらい、一度帰宅。

ばあちゃんや次女を連れて、再度保育園へ。
園庭に大きな木の多い保育園なので、木陰で暑さをある程度避けることが出来る中、到着するとちょうどお友達と外へ出て遊びだすところでした。
うちの子ははじめはアウトローな感じでふらふら歩きまわっていたんだけれど、缶ぼっくりでお友達とキャーキャー言いながら遊びだし、お友達と遊んでいるところを見ることが出来ました。
奥さんやお友達の親からは少し聴いていたし、たまに迎えに行ったときにお友達と遊んでいるところもちらっとは見ていたんだけれど、お友達とちゃんと遊んでるところを見れてとてもうれしい気持ちになりました。

まだまだ社交性なんて身につけるべき年齢でもないのかもしれないけれど、お友達に囲まれて楽しくしている姿を見るとなんだかほっとします。このペースで周りのお友達とどんどん仲良くなっていってくれたらなぁと想うのでした。

今回の保育参観で見てる感じでは、やっぱり男の子と女の子で、遊び方が180度違います。
男の子と女の子が外遊びで仲良く遊ぶっていうのはもうちょっと先なのかな。

家族が増えました(^^)

去る2010年4月25日 朝7時45分に元気な女の子がこの世に生をうけました!
ベリースペシャルカワイイでございます。ハイ。
これで我が家も私、奥さん、長女、次女の4人家族になりました。
結婚した時の我が家比2倍、なんと倍増ですね。すごい!
(男女比は1:3となり、若干肩身が狭い思いですが・・・)

一人目同様、出産立会いしました。
10分間隔の陣痛が始まったのが4時、そして4時間弱の超スピード安産。
奥さんの方は、一人目のときは産後がかなりつらそうでしたが、今回は結構見た目元気な様子です。
とは言え、無理することの無いように、お義母さんがサポートに来てくれており、助かっています。

さて、生まれた赤ん坊、長女のときよりかなり細く見えました。
長女は3500超で、次女が3200弱なので、一割引な感じです。
生まれた日は、二人とも予定日の一週間ほど前だったのですが、長女がむっちりすぎたのか、次女もしっかりしてるはずなのに細身に感じました。

Birth

生まれて7時間後の赤ちゃんの写真はこちら

Birth

長女が生まれた日の写真はこちら(今見るとむちむちレベルがかなり高いのが分かります)

二人とも出産に立ち会えてひと安心。
一人目が結構なスピード出産だったので、二人目は家で産み落とさないように気をつけてくださいと病院からは言われる状況だったのです(^^;)
しかも、いざ5時頃病院に行くとなり、タクシーを呼ぼうと5社くらいかけても捕まらず、ちょっと焦りました・・・。
最終的に東阪神交通のタクシーがつかまって病院に無事行くことができました。

赤ちゃんが出てくる瞬間、っていうのは二度目ですけどホントに神秘的です。
一人目のときも二人目のときも、奥さんの方はもう必死で感慨にふけってる場合じゃないんですけども、男ってのは勝手なもんですね。生まれた瞬間の膜がはってツルツルしてる赤ちゃんを見て、涙をこらえるのに必死です。
あぁ、この子がお腹の中に入ってたんだなぁとか、色々考えてるようで、何も考えてないというか、言葉にするのは難しいけれど、とにかくあぁ良かったなぁ、うれしいなぁ、という想いで一杯になるんだと思うのです。
一人目のときとまったく同じ気持ち、感覚を思い出しました。

生まれてから1時間後くらいに、まだ分娩室で休んでいる奥さんのお腹の上に赤ちゃんが乗ったままの状態で、長女が初めて対面しました。
たぶんなんとなくお腹の中の赤ちゃんが生まれて出てきた、という事実を頭の中で想像はしていたんだと思うのですが、初めて赤ちゃんを見た時の顔がとても印象的でした。
瞬きせず、じーっとしばらくの間、お腹の上の赤ちゃんとママを見つめていたのです。
想像していたことと、目の前にいる、実際の新しい赤ちゃんのギャップを埋めようとしてたんじゃないかと。
それでもすぐに、赤ちゃんの頭をよしよししてあげていました。
分娩室にいる間、ずっと赤ちゃんを気にして、頭をなでたり、ほっぺたをなでたり、とてもうれしそうにしていました。

お姉ちゃんになる、というのは我慢することもたくさんあって、GW中も葛藤しながら毎日がんばっているのですが、それもまたいとおしいものです。
ついつい何時もより甘めに抱っこしてあげている自分に気づきます(^^)

生まれてまもない次女を抱っこすると、その対比から、とても軽くて、小さく感じます。
小さくか細いこの子を、しっかりと守ってやらねば、という気持ちがひしひしと湧いてくるのです。
一度抱っこすると、置くのがはばかられるくらい、腕の中にフィットする感覚です。

そういうふうに、妹を抱っこしている両親を見て、お姉ちゃんは頑張っています。
我慢することだけでなく、妹に優しくしてあげること。
こんなに長女の方が成長するなんて、思ってもみなかったけれど、竹が節のところでたくさんの細胞が分裂するように、大きなイベントで人が成長していくんだなぁと改めて思いました。

ちょっと長くなって発散してしまったけれど、二人の娘たちの成長をこれから見ていけるというのは、楽しみであり、幸せだなぁとしみじみ想うのでした。

続トイレトレーニングのおはなし

続、と名付けるとなんとなく岳物語を思い出す。
内容はわすれてしまったけれど、こないだ椎名誠さんの声をポッドキャストではじめて聴いた。
こうやって作家などアーティストの生の声が聴けるというのは素敵な時代であるとつくづく感じる。

という前置きはまったく関係なく、去年から始めたトイレトレーニングのお話です。

前回書いたように、シールで星取表をはじめ、1月2月と順調に進んだトイレトレーニングですが、3月に入ってさらにその確実さを増していくという、とてもうれしい状況が続いています。

Posted using Mobypicture.com

2月の終わりに布パンツがはけるようになって以来、基本的には紙おむつで過ごしたことはありません。
ずっと布パンツ!!
こどもちゃれんじのしまじろう曰く「パンツマン!」です。(女の子だけど)

何度か布パンツで出しちゃったこともありますが、せいぜい両手で数えられるほど。
昨日は手で器を作って受けるはめになりましたけど(^^;)

大体において、出しちゃった場合は、「出ちゃってもいいんだよ」と十分言い聞かせた上で、「できたら出そうなときには教えてね」と軽く言っておく、という感じです。
一気にできるようになった、という原動力は「トイレ楽しい」のひと言に尽きるかもしれません。

トイレで出してる時のコミュニケーションが、親としても結構楽しいです。
面白いこと言ったりします。

うんちが2,3回に分けてぽちゃんと出たときには、「キティちゃんたくさん貼る」といって「いやいや、一枚やがな」とボケツッコミを展開したり(ちなみにうんちの時はキティちゃんのキラキラシールが貼れるという特典にしている)、出たうんちを眺めて、やわらかめだったりすると「やられてる」と言ったり。(やられてるって、どんな表現だ・・・)

まだまだ試練もあります。
保育園で一足先に進級したんだけれど(4月から新しく入る子の準備のため、元々いる子たちは少し早めに進級するしくみ)、担当の先生が変わってしまったので、トイレに連れて行ってもらったときに出ない、という状況が続き、園でもらしてしまったみたいです。しかも二日連続。

奥さんが前任の担当の先生などでトイレに連れてってくださいとお願いしているため、その後は順調に行っているようですが、ムスメにとってはちょっとした試練。
後はトイレに行きたいのに『今ちょっとトイレ行けない状況』というやつが、まだあんまり経験してないのでその辺の試練が出てくるのかな。

何かを我慢する、ということが状況として増えてきているけれど、そういうタイミングでいろんなことを学ぶきっかけにもなると思います。頭のスイッチが上手く押されて、想像力とか感受性とかが成長していくきっかけになればいいな。

親としては、躾と仕付け、といったあたりの使い分けをちゃんと頭に入れておかないとなーと思う今日この頃でした。
躾と仕付けはこのへんに