ブログのコメントのとこにGoogle Friend Connect Plugin を導入してパワーアップさせてみました。

Google Reader で見つけたこのプラグインを入れました。
(wp-gfc / FriendConnect plugin for WordPress)

Google ID や Yahoo(米国版?)ID などの OpenID を使って、コメントが書けます。
あと、エントリのコメントの上のところに、「おすすめする」チェックが出てます。
どのエントリが人気なのかを出せるみたいなので、右のとこにそのうち出そうかな。

と、それだけなんだけれども(^^:)
(前から似たようなプラグイン試してみてたんですけど、うまく動かなかったのです。今回のはやっとうまく動いてるみたい。)

Google Profile ってあんまり流行ってないですよね。
結構便利なんだと思うんだけれど。
ちなみに自分のはコレ

この Google Profile を設定してる人は、コメントで書いたIDから直接リンクで飛べるようになるのです。
人が見える、というのは結構大事なことですよね。
ここにはこんな人がいるのかぁ、という発見も結構素敵なものです。

Google Friend Connect ではその人が、どこでどんなコメントをしてるか、というところまでは追えないですけれど。
そこまで見えるようになると、それはそれでちょっとアレかもしれないですけど。

とにかく、興味ある人は試しにコメントしてみてくださいね(笑)

Blogged with the Flock Browser

写真ブログはじめる

日々子どもの写真を撮っています。
毎日撮ってるので、結構な数です。
というわけで、コレを読んではっと思い、ちょっとずつブログにしてみることにしました。

http://takeyas.blogspot.com/

まずは昔の写真からちょくちょく気に入ったものを載せています。
その当時フィルターを通して見ていたもの、切り取った空間、いろいろ思い起こされます。
ぐっときますね。

そろそろ一眼レフを買い替えたいな。
E-510を買ってからそろそろ2年です。

Blogged with the Flock Browser

ブログのコメント欄に書いたもの

これまでコメントフィードをTwitterにも流すようにしてきたのだけれど、自分以外の人が書いたものがそのままTwitterに流れてしまうのはデリカシーがない(^^;)ということに気づき(友達に気付かせてもらい)、変更しました。

そもそもコメントフィードをTwitterに流そうと思ったきっかけなんですけどもこんな感じです。

ブログにコメントを書いてくれた人は、そのコメントに対する返信があったかどうか、もしくは他の人の反応があったかどうか、ということをわざわざそのブログの該当エントリに見に行かなければならない、というめんどくささを抱えていると思っています。

そうなると、あぁコメント書いてもまたこのURLにこなければ反応がわからんなぁーというのが、コメントを書くことを躊躇させる一因になるんじゃなかろうかと思いまして、せめてTwitterに存在する人には@付きのコメントを書くことで、そのままTwitterのほうで確認してもらえるんじゃあないか、と思った訳であります。

ということなので、TwitterFeedのほうで、@を含むコメントだけをTwitterに流すように変更してみました。

Blogged with the Flock Browser

モブログはじめる

インプットとアウトプットのバランスをもうちょっと変えたいな〜、と思ったのでモブログはじめてみます。夜ころっと娘と寝ちゃうことが多いのでなかなかブログ書けない状態なのでした。

これはケータイのメールで書いてるので表現は貧弱です。リンクがなかったりといった感じで。

ここのところ、場の研究所の勉強会の録音を聴いてます。参加者の声が小さくて残念だけどかなり面白い。

ホームページのはwma形式だったので、mp3に変換して ipod touch に入れて通勤で聴いてます。

「場」の考え方を持って、個人の問題を考え、生きているという意識から生きていくという意識へと深化するような、そんな感じです。

聴いていてピンときたキーワードを書いてく、なんてのもいいかも。

という感じで進めていきます。

書くことの継続性に対する努力と対価

長めの文章をいくつかポストしてみているが、どうやら文章力がずいぶんと無いことが実感できた。

これはちょっといかんなということで、ちょっと継続的にブログで文章を書いてみたいと思う。
毎日書くとかいう目標を作ってしまうと、挫折する事うけあいなので、ちょっとした時間で文章を書くことに当てて行きたいと思う。要するにネタや主張はなんでも良いわけだ。

Tumblrとかブックマーク系のサービスを使っているけれど、細かいコメントの中にエッセンスをつめるみたいなことをしていると、きっと論理立てた文章はへたくそになっていくように感じる。
そういう能力も必要は必要だろうが、あくまで呼び水的(ちょっと興味を持ってもらうよう)なものに過ぎないと思う。

とにかく書いてみて、書いたものを見てまた考える。
そういうことが論理的な思考力を回復させるトレーニングになりそうだ。

結局のところ、書く事で誰かが読んでくれていればそれでなんとない、安堵が生まれるのかもしれないけれど。

最近届いたTOEIC関連のメールで、点数が高くても英語を「使う」ことにはならない、というのがあった。
自分はその典型だ。去年受けたときは710取れたけれど、全く話せもしないし、読むスピードも書くスピードも遅い。

『Learning is using. Using is learning.』と書いてあったけれど、日本語も同じ。訓練あるのみである。

Blogged with the Flock Browser

書くこと、もしくはアウトプットするということ

ブログを始めてから3ヶ月ちょいが経ちました。

半月くらい書いてなかったけれど、書きたいことがなかったというわけでなく、バタバタしてただけなのです。

とりあえず、3ヶ月間のこのブログのアクセスデータはこんな感じでした。
(3月途中から始めたので、4月1日〜6月30日まで)

パソコンからのアクセス数(Google Analytics より)
 ユーザー数:1260
 セッション数:1725
 ページビュー:3185
(貼付けようと思ったんだけど、Google Docs で PDF は張付けられませんでした。)

ケータイからのアクセス数(うごくひと より)
 

メディアというには届く範囲が小さすぎるけれど、一応ちゃんとどこかしらには届いている。
mixiもちょいちょい書いているけれど、ブログとの最も大きな違いは「検索」して辿り着くかどうか。
少なくともケータイのアクセスはほとんどが検索から辿り着いてきているものだと思います。
ケータイ用に画面変換してくれるプログラム(Ktai Style という WordPress のプラグイン)のおかげで、ケータイから気軽に検索したときにこのブログへのアクセスが増えるというわけです。

人に届く、ということ自体は、書くこと、へのモチベーションにつながります。
別にコメントに反応がなくっても、そこそこ見てもらってるだけで、なんか伝わればそれでいいのです。

何かを話したとき、音として発された言葉は減衰してその周りに居た人にしか届きません。
その話が人の心に残っていたら、次の誰かに少しモディファイされてまた届くでしょう。
紙が存在する前はそうやって人づてでよいコンテンツだけが残って行ったのかもしれません。
紙が出来て本が出来ても、表現し書き伝えることが出来たのは一握りの人間、昔ながらに残っている良書というのはそういった良いコンテンツなのかも知れません。

ウェブができてブログが出来て、何でも誰でも簡単に発信できるようになったことで、玉石混淆のものがたくさんインターネット上に蓄積されて行きました。
蓄積されたものは、玉でも石でも、発する言葉と違って残ります。検索でひっかかって、もしかしたら書いた10年後のあなたに届いているかもしれません。大人になった娘に届いているかもしれません。

それでも何が玉で何が石か、人の主観、同じ人でもそのときの気分によっても異なってくるでしょう。
15やそこらの子供にとっては、子育て情報は石かもしれないが、30過ぎて一人目の子供を愛する自分のような人にとっては日常の写真一枚でほっこりすることもあるでしょう、そういう情報はその人にとって玉なのです。
文章だけに限らず、写真でもムービーでも音楽でも何でも同じように感じます。

生きてるだけで自分の何かが誰かに影響を与えている。
巡り巡って人の役に立っているんだという感覚を持ちながら、なんか書けたら良いですね。

なんも書いてないなら、You書いてみなよ!
書いてれば勝手に書き方も上手になってくよ!
いつか多くの人から玉と見られる存在になるかもしれないよ。

ということでブログ3ヶ月目の雑感でした。

Blogged with the Flock Browser

ClipChip 届きました。

P1010032.jpg

こんな感じで封筒に入って届きます。

P1010031.jpg

裏面はこんな感じ。
これじゃあ名刺用途には使えないけど、無料キャンペーンだからかな?
今後は裏面のデザインもできるようにサービス展開していくそうなので、ちゃんとした名刺のように作れる日が来るのでしょう。

P1010034.jpg

付属の留め具を付けるとこのような見た目に。
写真からは見えにくいですが、ストラップ用の穴が上についています。

P1010033.jpg

留め具を外すとこんな感じ。
QRコードはどのURLに飛ばすかをサイト上で設定できるので、ある日突然別のサイトに飛ばすことも可能。
4月1日だけエイプリルフールバージョンに飛ばすとか。
とりあえず今回頼んだ18枚はすべてこのブログURL(http://takeyas.belinko.net/)に設定しています。



<感想>

目の付けどころは面白いけど、いかんせん写真の画質が悪い。

今時こじゃれた名刺がいっぱいある中でこれを選ぼうとは思わない画質のレベル。

Cannon の業務用プリンタ(キャノン imagePRESS C700VP)を使っているサービスですとアピールしているのですが、その辺が元々の狙いが B2B のにおいがして、コンシューマ向けにもっと売り込もうという感じを受けません。

現状の画質では、ちょっとお金払って申し込もうかな、という感じにはなれないかな。

せっかく面白い観点のサービスなのにもったいないなぁ、といったところです。

友人にブログ始めましたとポンと渡すぐらいには使い勝手はよいとは思います。

Blogged with the P905i

ClipChip の無料キャンペーンを試してみた

ClipChip というオンラインプリントサービスが先着1万名様無料キャンペーンをやっていたので、申し込んでみた。

このサービスはネットとモノを融合させたようなサービスで、アップロードした写真をインターネット上で公開するとともに、オンラインプリントして印刷物をプレゼントするなどできる。メールで簡単にアップロード後、ClipChipのサイトで注文することもできたり、Canon の iMAGE GATEWAY というサービスからオンラインプリントサービスとして直接申し込めるようにもなっている。

今回の先着1万名様無料キャンペーンについては、 iMAGE GATEWAY のアカウントを保有していることが前提のため、Canon の製品を何かしら持っていることが前提となっているようだ。写真自体は Canon のカメラで撮ったものである必要は無く、そういう意味では太っ腹なのかもしれないと一瞬思ったが、そもそも ClipChip というサービス自体は、Canon とは別の母体が運営しているサービスのようだ。

ClipChip では18枚一組で名刺サイズのカードを作成することができる。
それぞれ一枚一枚に URL を持つことができ、QR コードを埋め込むことでサイトに誘導することができる。
マーケティングに使うもよし、裏面を名刺として個人のブログURL へのリンクとすることもできる。

とりあえず、どんなもんか試してみたかったので、今回はうちのお嬢ちゃんの小さかった頃からの写真を18枚選んでみた。Webへの公開については、非公開とすることもできる。

ブログパーツとしてこのようにブログに貼付けることもできる。(ブログパーツをクリックしたときのリンクは、この記事に設定している)



今回ClipChip で公開しているうちのお嬢ちゃんの写真たち(18枚)。
これらの写真からのリンクは、とりあえずこのブログに設定しているが、Web上でいつでも変更可能となっている。
それぞれのチップにはQRコードがついており、このQRコードにアクセスすることでケータイからも設定したURLへのアクセスが可能となっている。

結構面白いサービスだと思う。
流行るかどうかはわからないが、個人で名刺を作るとか、なにか面白い雑貨を売るとか、有効活用できそうだ。
と思ったが、Webへの公開期間は 6ヶ月のみとのこと。

モノ自体はまだ届いていないので、楽しみ。

Blogged with the Flock Browser

FriendFeedが気になる貴方

このブログの左側に FriendFeed のブログパーツを付けています。

若干気になっている貴方もいると思うので、少し説明しておきます。

世の中にはいろいろなWebサービスが存在していて、使ってみると便利なモノが多いです。

例えば、現時点で私が使っているものの一例として

Flickr:写真を公開する(ケータイで撮ったものをUPしてます)

Youtube:動画を公開する(ケータイで撮ったものをUPしてます)

Google Reader:面白いページを共有(PC か iPod touch を使って共有ボタンを押してます)

Tumblr:面白いページの引用、面白い写真の切り抜き(PC で reblog することが多いです)

などがあります。

で、これらのWEBサービスをたくさん使うようになってくると、訳が分からなくなってくるので、「ひとまとめにしてしまいましょう」というのが、このFriendFeedというサービスです。

参考:登録してるウェブサービス一覧




このように私が公開したり、共有したりしたもの(一部は自分で創作したコンテンツでもあり、その他大多数はこのページ面白いよ、といったお勧めのまき散らし)がひとまとめに見れるようになっているのが以下です。



これは、RSSリーダーを使っていれば、登録することもできます。
「ふーん、この人はこういう写真を撮ってんのかぁー、こういうページを見てインスパイアされてんのかぁー。」を感じたい人は登録してみてください。

 このフィードを購読する

では。

Blogged with the Flock Browser

Tumblr にもはてなスターを導入

Tumblr って知ってますか?

つい最近使い始めましたが、これまた面白いサービスです。

キモは reblog ってやつで、人のポスト(写真、文章、動画なんでも)をまるまるコピーできます。

百聞は一見にしかず、まず私のTumblrのサイトを見てみてください。

なんか書く、というよりは雑誌の切り抜き、センスのある写真を見つけて共有するとかいったような使い方が主になります。
暇なときに眺めてるとクリエイティブな感覚が刺激されますが、やり過ぎには注意したいところです。

これを使い込んでいくと、結果、自分の趣味とか、興味の対象が浮き彫りになる、そんな不思議なサービスです。

それで、このブログにも導入したはてなスターを、こちらのサイトを参考(Tumblrにはてなスターを設置する – ¬¬日常日記)に導入してみました。

Blogged with the Flock Browser